【第70回NHK紅白歌合戦/12月29日/音合わせ】今年初出場となるOfficial髭男dismは「Pretender」を披露する。音合わせ後に囲み取材に応じた。

 【もっと写真を見る】第79回紅白歌合戦:リハーサル・囲み取材の写真一挙公開

 藤原聡(Vo、Pf)は「テレビで観た景色だ、というのが率直な感想です。すごく当日が楽しみになりました。初めて僕たちの音楽を聴く方と今まで応援してくれた方々、どちらにも良いなと思ってもらえるような音楽をしっかりと届けられるように力を合わせていけたら」と意気込みを語る。

 今年1月の全国ツアー『Official髭男dism one-man tour 18/19』の東京NHKホール公演で「紅白に出たい」と話していた彼ら。藤原は「まさかその年に出れるとは思ってなかったんですけど、口に出す、言葉にするということはとても大事なんだとみんなで話していました」と念願の紅白出場に感慨深げ。

 家族の反応について聞かれると、小笹大輔(Gt)は「母に体調崩さないようにしっかり全力で頑張ってください、と身体の心配をされました」と明かした。

 今年は楢崎誠(Ba、Sax)以外のメンバー3人が結婚するという人生においても節目となった。松浦匡希(Dr)は「気持ちが改まって力がまた出る年になりました」と言い、藤原も「人生にとって大事な年になったなと思います」と頷く。

 その中で、唯一の独身となった楢崎は、自身の結婚の可能性について「ゼロではないと思います」と言い、彼女がいる可能性についても「ゼロではない」と明言を避けた。

 藤原は「すごく飛躍した年になったとは思うんですけど、やってることはずっと変わってないんですよね。自分たちが良いなと思う音楽をしっかりと届けて来ただけなので、来年以降もそれを大事に続けていきたい」と今後への抱負を述べた。【松尾模糊】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)