【第70回NHK紅白歌合戦/12月30日/リハーサル】デビュー20周年の氷川きよしが披露するのは「紅白限界突破スペシャルメドレー」。

 巨大なドラゴンのセットの頭上で激しく歌唱するというパフォーマンスは、これまでの氷川のイメージを覆すほどのインパクト。スモークに包まれての早着替え演出から黒を基調としたロックなスタイルに変化し、力強い歌声を響かせた。ステージ上ではドラム、ベース、ギター編成のバンド、そして氷川はステージから客席上方まで迫力満点に動き回るドラゴンの頭上で熱唱。

 ハードロックボーカルの発声と演歌のこぶしがミックスされたその歌声は新境地。さらに高く上がったドラゴンの頭上でヘッドバンキングを見せた。

 美しいビジュアルにロックなスタイル、そして激しい演出と、20周年からの新たな氷川のパフォーマンスが紅白本番で炸裂することに期待が膨らむ。【平吉賢治】

記事タグ