【第70回NHK紅白歌合戦/12月30日/リハーサル】4度目の出場となるSuperflyの曲目はNHK連続テレビ小説『スカーレット』主題歌の「フレア」。

 楽曲を奏でるバンドはドラム、ベース、エレクトリックシタール、アコースティックギター、パーカッション、ホーンセクションにコーラスと豪華編成。29日の音合わせでは、歌唱を前に越智志帆は低音域から高音域、ファルセットまで声を出してじっくりと準備を整えていた。この日の越智の凛とした表情、歌唱からは静かな気迫が感じられた。

 そして30日のリハーサルでは、開始前に軽くストレッチをして体を慣らす越智。その物腰からは前日の音合わせの時に比べ、内なるオーラが増したようだった。それは、アカペラの歌声が伸びやかに広がったNHKホールの空気から体中に響き伝わってくる。一気に外に向けられた越智の情念がサラウンドに溢れ出て、豊かな声の倍音がアンサンブルに重なる。そして、本番を強く意識しているような越智の強い表情が垣間見れた。

 リハーサル後半では微笑を浮かべるも、目は強く鋭く、まっすぐ前を見据えていた。リハーサルが終わると、総合司会の内村も「パンチがあるなあ!」と称賛の一言。Superflyの令和初の紅白、仕上がりは十分だ。【平吉賢治】

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)