【第70回NHK紅白歌合戦/12月29日/音合わせ】嵐は「嵐×紅白 スペシャルメドレー」を披露する。20周年で大トリを務める。松本潤は「凄いこと。光栄。嬉しいですし、令和初の紅白になるので感謝を込めて精いっぱいやらせて頂きたい」と意気込み。櫻井翔は「10年前に初出場。そこから10年で大トリを務めるとは夢にも思わなかった」と感慨に触れた。

 「不思議な感じ」という大野智は「司会をやらせてもらっている時からなんでこんなことになっているんだろうと。不思議が続ている」とし、相葉雅紀は「感謝の気持ちを伝えたい」、二宮和也は「この年を締めるので噛みしめながら」と本番を迎える心境を語った。

 本番では、米津玄師が作詞作曲するNHK2020ソング「カイト」を披露する予定。松本は「めっちゃよい曲です。米津君らしい曲になっているし、初めて聴かせてもらった時は米津君が歌っていて。それを僕らが歌えるのは嬉しい。米津君の曲を自分達が歌うとこうなるのかと。嵐を歌うことをイメージして歌も曲も書いたと言っていて、こういうイメージが僕らにあるんだと嬉しかった」と語った。

 櫻井は「一生の宝になりそうな映像も。それは楽しみにしてほしい」と述べた。

 嵐と米津は初対面したその日のうちに飲みに行ったという。櫻井は「その時間があったから書けたと言っていて。いろんなことを話して書けたところがあると」と紹介する、松本は「(飲みすぎて後半は)覚えていないけど」と笑み。その場では、音楽やアニメ、ゲーム、アートの話で盛り上がったという。

 改めて松本は「僕らにとっては2019年の歌い納めにもなる。2020年に向かって新たな一歩を自分達としても決意を込めて気持ちよく2020年を迎えられるようにしたい」と意気込みを述べた。

この記事の写真

記事タグ