【第70回NHK紅白歌合戦/12月29日/音合わせ】総合司会の内村光良、紅組司会の綾瀬はるか、白組司会の嵐・櫻井翔が囲み取材に応じた。

 内村は「3回目なんですけど、本当に慣れません。この場は本当に緊張する、ちょっと特別な場所です」

 綾瀬は「リハーサルを“U(内村)S(櫻井)A(綾瀬)チーム”やってきたんですけど本当に心強いなと思います」

 櫻井「すごく華やかで楽しい紅白になりそうだなと感じています。観ている人にもそれが伝わるような司会が出来たら」と三人のチームワークも上々の様子。

 今年は内村が乃木坂46「シンクロニシティ」のステージを欅坂46、日向坂46とともにスペシャルパフォーマンス。内村は「宝塚的な姿ですが、なるべく目立たないようにいようと思います。坂道さんがメインなんで。ファンの方にも失礼のないように振りも完ぺきにして」と特別な舞台に向けて準備は万全の様子。

 「日村にも『日村の分も踊る』とメールして、『よろしくお願いします』と返事がありました」乃木坂46の“公式おにいちゃん”でもある、バナナマン日村勇紀とのエピソードも明かした。

 昨年に引き続き白組司会を務める櫻井も「本当にいち視聴者としても凄いなと思いながら背中を見ていました。どんだけ練習したんだろうなと思いながら」と内村のパフォーマンスに感嘆を漏らす。内村は「家族が出払ってから家で踊っております」と言う。

 また『LIFE!~人生に捧げるコント~』とのコラボ企画では、綾瀬と嵐・大野智がコントに出演する。内村は「三津谷寛治の姪っ子が登場しますので楽しみにしておいて下さい」と自信を示す。櫻井も「究極のカオスが存在します。楽しかったな~リハ」と太鼓判を押す。

 3回目の司会となる綾瀬は「経験を活かしつつ、歌手の皆さんも安心してお歌を歌って頂けるように、全力でサポートしてハッピーにしていきたい」と意気込む。

 「一人だと不安なんですけど、チームになると安心感があります。皆さん司会の経験も豊富ですし、なんでも受け止めてくれる度量の大きさを感じています」と二人との相性もいい様子。

 内村は「本当にはるかちゃんと司会できることを楽しみにしていましたし、本番にならないとわからないという綾瀬はるかの魅力をですね、私と櫻井くんが全力でどう出していくかというところもドキドキしています」と言い、櫻井も「前回も台本に無い魅力、ライブ感をより感じられる紅白になると思います」と綾瀬の魅力を語る。

 また、個人的に楽しみにしていることについて櫻井は「キスマイですね。千賀はジャニーズ入る前から知ってますし、藤ヶ谷は僕らの後ろでずっと踊ってくれてました。この初出場のタイミングで自分が送り出せるというのがすごく嬉しくて。親戚のおじちゃんみたいな気持ちです(笑)」と今年初出場となるKis-My-Ft2についての想いを明かす。

 内村は「ユーミンさんと竹内まりあさんが揃うのが本当に楽しみだし、たけしさんの『浅草キッド』が本当に泣けるんですよ。自分も同じような経験をしてるので」と特別企画で出演する松任谷由実と竹内まりあ、ビートたけしが自身の思い出を綴った「浅草キッド」を歌唱するステージについて熱く語った。【松尾模糊】

この記事の写真

写真はありません

記事タグ