【第70回NHK紅白歌合戦/12月28日/音合わせ】囲み取材に応じた純烈。昨年に引き続き、2度目の紅白となる。酒井一圭は「戻ってきた感じがします」。多くのフラッシュを浴び、「去年よりも多い気がします」と取り囲む報道陣の数に感慨深く語った。

 初紅白出場を決めた昨年。年を明けた1月には元メンバーが過去の女性問題報道を受け、脱退および芸能界引退した。酒井は紅白出場の喜びの余韻に浸ることが出来なかったとし「あの報道のお陰で有名になれたけど、メンバーも失って…」と複雑な心境であることを明かした。

 騒動以来、二度目の紅白出場の夢は諦めていたものの、コンサートで初めて行く土地で、ファンではない観客に「ここが踏ん張りどころ。頑張れ」と言われたことや、先輩の後押しもあって「頑張ることが出来た」とし、「ファンの支えがあったからこそ。皆の応援に助けられた」と感謝した。

 また、二度目の紅白を決めたことで、元メンバーにも「自分のせいで紅白出れなくなったら…ということが無くなった」と気遣った。

 その謝罪会見はリーダーとして精神的な負担が大きかったという酒井。「365日分の力をその時に使って。その後がしんどくて食べて寝る、そしてサプリメントを摂るというふうに過ごしてきた」と明かした。

 そんな今年を特別な1年とし、酒井は「令和初の紅白は一生忘れられないものになる。なのでハッピーな紅白にしたい」と意気込み。紅白ではDA PUMPとの共演があるが「ダンスが難しい」としながらも楽しみにしている心境を明かした。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)