大みそかの『第70回NHK紅白歌合戦』の曲順が発表された。歌手のMISIAが紅組のトリを飾ることが伝えられると、ネット上で「この日を待ってました!」「めっちゃ楽しみ」などと反響を呼んだ。

 27日にNHKの公式サイトで、紅白歌合戦に出場する歌手の歌唱曲や曲順が発表された。大トリを務めるのは2年連続3度目となる嵐で、紅組のトリをMISIAが担う。

 MISIAが歌唱する楽曲は、昨年TBS系で放送されたドラマ『義母と娘のブルース』の主題歌「アイノカタチ」を含めたメドレーだ。

 昨年、紅白歌合戦に特別出演歌手を含めて3度目の出演を果たしていたMISIA。その際にも同曲を披露していたが、歌唱後には彼女のデビュー曲「つつみ込むように…」を披露するサプライズも用意されていた。

 持ち前のハイトーンボイスや情感にあふれたMISIAの歌声は視聴者の間でも大きな反響を呼び、記憶に残る圧巻のステージとして受け止められている。

 今回、MISIAが紅組のトリを務めることが発表されると、ネット上では歓喜の反響が続々と挙がった。

 ツイッターには「この日を待ってました! MISIAがんばれ」「めっちゃ楽しみ」「紅組のトリだなんて! 凄い!」「MISIAがトリはええね 超絶歌唱で締めるのはgood」「真の歌姫 MISIA 紅組のトリ おめでとう」などの声が上がり、MISIAの紅組トリを歓迎している。

 なお、紅白のトップバッターは「パプリカ―紅白スペシャルバージョン―」を歌うFoorinが務める。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ