INTERVIEW

般若が伝えたいこと「人生は冗談。楽しんだ方がいい」


般若

記者:木村武雄

掲載:19年12月27日

読了時間:約8分

 ラッパーの般若を密着した番組が、ヒストリーチャンネルで12月30日・31日に放送される。音楽界で活躍する人々の知られざる創作の源に迫る新ドキュメンタリーシリーズ『MUSIC BEAN』の第1話に登場。ドキュメンタリーチームが、2019年1月11日に開催された般若初の武道館ワンマンライブの舞台裏に完全密着するとともに、本人や関係者のインタビューを通じて半生を振り返る。放送を控える般若にインタビューを実施、彼の考えに触れた。【取材・撮影=木村武雄】

人生は冗談

 「人生は冗談だと思っているんですよ。だって、こんな俺が武道館に立てるんだから。だから人生を楽しんでほしい。万人受けするつもりはないし、本当に苦しんでいる人に届いてくれたらそれでいい」

 そう語るのは般若、41歳。日本のHIP HOPシーンを牽引する伝説のラッパーだ。“ラスボス”とも崇められ、不動の地位を確立した。

 密着した『MUSIC BEAN』に映し出されるのは自身を追い込む姿だ。しかし彼は「仕事ですからね。深く考えていないですし、意識してない」とあっけらかん。だが照れ隠しのようにも見える。

 自身に厳しいが人には優しい。常に同じ目線の高さにいる。「楽しむこと」。それが彼の人生の指針にもなっている。般若とはどういう男なのか。そして彼にとって日本武道館はどういう存在だったのか。

般若

般若

この記事の写真
般若
般若
般若
場面写真(C)2019 A+E Networks Japan G.K. All Rights Reserved.
場面写真(C)2019 A+E Networks Japan G.K. All Rights Reserved.

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事