年内をもってグループを卒業する花川芽衣が24日、Zepp DiverCity(TOKYO)で行われた、22/7の結成3周年を記念した『Birthday Event 2019』に出演、最後のライブパフォーマンスに臨み、ファンに直接思いを届け、3年間務めてきた斎藤ニコル役を新加入の河瀬詩に引き継いだ。

 【関連記事】22/7、結成3周年公演で新曲初披露 斎藤ニコルは新加入・河瀬詩が引き継ぎ 全国ツアーも決定

 「憧れているのは元気なアイドルです」

 「夢を見させてくれる存在」と語ったアイドル、それも少し趣の変わったデジタル声優アイドルになり、そのアイドル像に近づけようと努力と葛藤を続けてきた。そんな彼女の大舞台でのラストステージは涙ながらも明るい元気な姿を見せていた。

 当初は挨拶のみの出演だった。しかし、最初から最後までステージに立ち、仲間とパフォーマンスした。しかも2月26日発売の5thシングル『ムズイ』で使用される新衣装に身を包んでいた。

 笑顔で臨む花川。メンバーも同様だった。しかし、なぜかこの日のバラード曲「叫ぶしかない青春」は寂しく聴こえる。スクリーンに時折映し出される花川の表情は優しくもあり、寂しくもあった。

 「何もしてあげられない」で西條和は「私たちにとってとても大切な歌です」と声を詰まらせ、一人センターに立つと「今日も心を込めて歌います」と伝え、歌い出した。同曲は11人で歌う初のシングル表題曲だった。こみ上げてくるものがある。

 そして「ロマンスの積み木」。ソロパートを笑顔で歌う花川に、観客が「芽衣ちゃん!」とコールする。「韋駄天娘」でもとびきりの笑顔を見せ手を振る花川に観客はいつも以上に声を張り上げ「超絶かわいい、芽衣ちゃん!」とコールした。

22/7

22/7

 記念すべき節目を涙で濡らすまいと終始笑顔に努めているようだった。しかし、笑顔もアンコールでは崩れた。オーディションからこれまでの軌跡を追った映像が流され、その結びに「2+2+7=11」という掛け声がこだました。そして「11人が集まった理由」が始まる。だが、冒頭から泣き声がマイクに伝う。

 倉岡水巴は「もうだめ」と涙を流し、西條は口元からマイクを離した。笑顔に努めようとするメンバーだが涙は止まらなかった。花川は目、鼻を赤らめ泣いていた。特別な曲でもある「11人が集まった理由」。過去に涙を流し歌ってきたこの曲だが、この日の涙は違っていた。

 歌い終えた花川は「沢山ご心配をおかけしてごめんなさい。私、花川芽衣は年内の活動をもって卒業します」と改めて報告。ファンの一人が大きな声で「ありがとう!」と叫んだ。

 そして花川は続けた。「大切な時期に卒業という形になったことにファンの皆さんをはじめ、メンバーの皆さん、22/7チーム、関係者の皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです」と詫びた。

 「最後のリハーサルを見学していたけど、後ろから見ていると、卒業する実感がなくてフワフワした気持ち、必死に練習している姿を見て私も決意をしなきゃ、前を進まなきゃと思いました。卒業という形でみんなとお別れするのは寂しいけど、これからも大好きな仲間であることに変わりない。噛みしめていきたい」

 そう述べた後、観客から「頑張れ!」と声援が送られた。

 そして「ファンの皆さんとお会いできたこと、メンバーのみんなとオーディションの時から歩んできたこと、メンバーの一員でいたことが幸せでした。前に進むために、未来のために体調を優先していきたい。沢山の応援本当にありがとうございました」と語り、左手で口をふさいだ。

 この日は、約3年共に歩んできた斎藤ニコル役を新加入の河瀬詩に引き継ぐことを発表。河瀬はステージに登壇し「まだまだ未熟者でですが、これから頑張りますので、見守ってくれたら嬉しいです」と挨拶した。

天城サリー、花川芽衣、河瀬詩

 同じように涙で顔を濡らす天城サリーは「この3年間おつかれさまでした。私たちの宝物だし、卒業しても仲間。詩ちゃんともいっぱい思い出を作ろう」と呼びかけた。そして、メンバーがステージを去った後、花川は一人、上手、中央、下手と客席に深々と頭を下げてお別れをした。

 声優、そしてアイドルを夢見てオーディションを受けた。朗読女王決定戦では優勝。その後もラジオドラマにも出演するなど頭角を現した。ウサギをこよなく愛し、真面目で愛嬌ある人柄はファンだけでなく、関係者にも慕われ、今後の活躍に大きな期待が寄せられていた。しかし体調不良で今年10月からは活動を一時休止。「回復の兆しは見えず、このまま続けることは難しい状態となった」と医師の判断もあり、卒業を決断した。

 かつて語った言葉。「憧れているのは元気なアイドルです」。

 ステージ去り際、涙に濡れる花川は明るい笑顔を見せていた。

22/7

この記事の写真

写真はありません

記事タグ