シンガーソングライターのももすももす(以下ももす)が12月16日、渋谷・TSUTAYA O-nestでワンマンライブ『ももすももすワンマンライブ〜HUEは鳴き続ける。〜』をおこなった。ソロになって初のワンマンライブはデビューシングル「木馬」やアンコールで披露された最新シングル「アネクドット」まで全15曲を披露した。オリジナリティ溢れるセンスとキュートな歌声で集まった観客を楽しませたライブの模様を以下にレポートする【取材=村上順一】

私の心には砂漠が広がっている

ももすももす(撮影=Yuri Fujiwara)

 開演前には大阪で公開収録したラジオを流し、集まった観客を楽しませてくれた。ももすのギターアンプの上には月のオブジェが輝いていた。開演時刻になり、SFを感じさせるような壮大なSEに乗って、まずはサポートメンバーがステージに。そして、赤と白でコーディネートされた衣装でももすが登場。オープニングを飾ったのは「火星よ、こんにちは」。ロックサウンドをバックにキュートで伸びやかな歌声を聴かせ、エンディングでの声のオーケストレーションは、楽曲の壮大さを表現していた。

 開放的で爽やかさを感じさせる「うさぎの耳」に続いて、2ndシングル「アネクドット」のカップリング曲で、身体を揺らす軽快なビートと、サビでのロングトーンの歌が印象的な「プルシアンブルー」と、立て続けに披露。楽しそうにストラトをかき鳴らす、ももすに視線が集まる。

 この日初めてのMCでは「HUEは鳴き続ける。最後までよろしく」と軽くあいさつをして、ギターのリフが印象的なミディアムナンバー「saboten」へ。ももすの世界観が心地よく表現された一曲だ。間奏ではリードプレイも披露した。間髪入れずにアップナンバー「ベルガモットとドラゴンアイ」を投下。ももすの歌声もバンドの熱量の高い演奏に比例し、エネルギッシュな声で魅了する。

 ドラムのカウントから歪んだギターをジャラーンと鳴らし、届けられたのはメジャーデビューシングル「木馬」のカップリングに収録されている「Confession」。「木馬」とは対照的なカラフルではないモノクロの景色、どこかデカダンスな情景を音と歌で映した。「桜の刺繍」は、ザ・ベンチャーズを彷彿とさせる往年のロックのビートに、ももすは間奏ではギターを弾きながら、体を動かしアクティブな姿を見せ、満面の笑顔で「ありがとう」と感謝を伝えた。

 独特な世界観を見せたMC。開演前にあった月のオブジェについて説明。自分で購入したもので、本当はライブが開始後もギターアンプの上に残しておきたかったが、観客の視線がそちらにいってしまうのでは?、ということで却下されてしまったことを明かした。代わりに「ももすの心の月を見せて欲しい」とスタッフに言われたが、ももすは「私の心には月などなく砂漠が広がっているので...」と吐露。

 「糸のように細くて悲しい、冷たくて弾けてしまいそうな歌をやります」と紹介し、届けられた曲は切ないナンバー「シャボン」。ももすはギターを下ろし、両手でマイクをしっかりと握り、丁寧に歌い紡いだ。そして、赤いテレキャスターを抱え、「お守りみたいに思っている曲です」と語った「アネクドット」のカップリングに収録された「シクラメン」を丁寧に歌い紡いだ。

自分がやりたいことをやっている

ももすももす(撮影=Yuri Fujiwara)

 いなたいギターが煽情させる力強いミディアムロックチューン「海と傷口」。続いてのMCでは、バンドメンバーをももすの独特な感想とともに紹介。そして、「私はダメな人間で音楽しか作れないけど、それだけ出来ればいいかなと思います。次の曲も大切な曲です」と、デビューシングル「木馬」を届けた。自分に足りないものを書いた1曲をハンドマイクで、ストリングスが叙情的に響くなか情感を込め歌い上げた。

 ライブはラストスパート。張り裂けそうなテンション感がライブ感を加速させてくれる「隕石」を投下。アグレッシブな1曲だが、観客も体を揺らしながらも、しっかりとももすの歌と音を受け止めている。エンディングでは再びギターソロを奏でるももすの姿も。

 「今日は来てくれてありがとうございます。最後の歌を歌います」と、感謝を告げ、ももすがキーボードを演奏した「ハネムーン」。3拍子のワルツのリズムは、メランコリックでファンタジックな世界へといざない、エンディングでの高まる昂揚感を与えるなか、特別な空間を作り上げ、ももすはステージを後にした。

ももすももす

 アンコールを求める手拍子に応え、11月6日にリリースされた2ndシングル、「アネクドット」のミュージックビデオで着用していた衣装に着替えたももすがステージに登場。ももすは「ソロになってから不安もあったけど、自分がやりたいことをやっているというのは変わらずで、色んな人に感謝しています。私を支えてくれているのは未来の希望ではあるけど、過去に自分が作ってきたものとか思い出もあるので、昔からずっと好きでいてくれる人の為にも、これから好きになってくれる人のためにも、次の歌を歌います」と過去に所属していたバンド、メランコリック写楽の楽曲「ヨーロッパ返して」を披露した。過去を肯定し未来への決意とも取れるパフォーマンスだった。

 そして、2020年3月3日にフルアルバムを発売することを発表。「またライブを観に来てね。みんな楽しみにしていてね」と、最後は「アネクドット」を披露。観客もビートに合わせ腕を振り上げ、大きな盛り上がりを見せるなか、記念すべき1stワンマン『ももすももすワンマンライブ〜HUEは鳴き続ける。〜』はフィナーレを迎えた。

セットリスト

ももすももすワンマンライブ〜HUEは鳴き続ける。〜

12月16日@渋谷・TSUTAYA O-nest

01.火星よ、こんにちは
02.うさぎの耳
03.プルシアンブルー
04.saboten
05.ベルガモットとドラゴンアイ
06.Confession
07.桜の刺繍
08.シャボン
09.シクラメン
10.海と傷口
11.木馬
12.隕石
13.ハネムーン

ENCORE

EN1.ヨーロッパ返して
EN2.アネクドット

記事タグ