佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼ら

 佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼が24日、東京で行われた映画『サイレント・トーキョー』(2020年12月公開)製作発表会見に出席した。

 『アンフェア』シリーズ等を世に送り出した作家・秦建日子がジョン・レノンの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされ、執筆した小説『サイレント・トーキョー』の映画化。クリスマス・イブの東京でテロが起こり、それに巻き込まれ翻弄されていく人々の心模様を描く。

 来年芸能生活40周年を迎える佐藤浩市は「40年もやってきちゃったんですね」と笑み。「節目という思いはなくて、言われて気づくぐらい。頑張ってきたと活きるものでもない」とした。「ネタバレになるので…」と本作について多くを語らなかった佐藤。緊張が続く現場で、石田は「良い意味で緊張感を緩和してくれる。ホッとできる存在。スタッフもそう思っていたと思う」とした。

 撮影期間は2カ月。オープンセットで再現した渋谷スクランブル交差点でのシーンは、述べ1万人のエキストラが参加した。佐藤は「寒さの中で皆頑張ってくれた。大変撮影でした」と労い、西島も「深刻なシーンは全員が深刻な演技をしないといけない。その中で皆さん頑張れた」とした。群集劇でもある本作。西島は「僕が出ないシーンも多くて」と振り返った。

 西田は「もしクリスマスに東京でテロが起こったらという想像はできても想像しきれない恐怖を自分のなかに落とし込むのは大変だった」と振り返った。

 また、豪華キャストでの撮影に中村は「刺激的だった」。広瀬も「クランクアップしたときにもっと撮影がしたかったと思った」。勝地も「僕ももう少し撮影したかった。楽しかった」と振り返った。一方、大学在籍4年間は映画を学んでいたという井之脇は原作を読んで「ハリウッドの脚本を読んだ高揚感があった」とした。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)