ビートたけしが、今年大みそかに放送される『第70回NHK紅白歌合戦』に歌手として初出場する。

 今年は、大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に出演。また昨年に続いて、自身が座長をつとめるコント番組『コントの日』も放送され話題となった。

 たけしは1980年代から音楽活動をおこなっており、なかでも、自身の下積み時代の思い出を歌った「浅草キッド」(作詞・作曲 ビートたけし)は、たびたびカバーされるとともに、好きな曲として挙げる芸能人も多く、大きな影響を与えている。

 紅白には、第51回(01年)と第52回(02年)にゲスト出演しているが、歌手としては今回が初出場。「浅草キッド」を歌う予定。第70回を迎える紅白で、紅組白組の枠を超えた「特別企画」の歌手としてステージに立つ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)