舞台挨拶に臨んだ松嶋菜々子

 織田裕二、松嶋菜々子、風間俊介、小澤征悦が20日、都内で開催された、来年1月19日スタートのWOWOW『連続ドラマW 頭取 野崎修平』(日曜よる10時、全5話・第1話無料放送、権野元監督)完成披露舞台挨拶に出席した。

【もっと写真を見る】舞台挨拶に臨んだ松嶋菜々子、笑顔も(3枚)

 原作・周良貨氏、漫画・能田茂氏による経済漫画のドラマ化。2018年に放送された『監査役 野崎修平』の続編で、経営悪化したおおぞら銀行の頭取に再任した野崎修平(織田裕二)が、頭取の座を狙う役員たちから失脚を企てられる中、銀行を再生させようと自分の正義を信じて奮闘する姿を描く。

 前作に続いて演じる立川祥子を演じる松嶋菜々子。野崎が去った後のおおぞら銀行を常務として支えていた。前作の支店長から役員に出世。「だいぶ“政治”の中心に入り、意見も言えるようになってきました。役員としての責任や自信もみなぎっている。時間の流れも見て頂きたいと思いますし、野崎さんが帰ってきましたが、どういう野崎で帰ってきたのか。私も図りしきれない。対立するのでそういうところも見どころ」と紹介した。

 この日は物語にちなみ、「自身のことで再建、やり残したいこと」を聞かれたキャスト。小澤と風間が小学生時代の思い出を紹介する流れから松嶋は中学1年生の時の出来事を紹介。

 当時、「とんでもないシャイ」だったという松嶋は、バスの降車ボタンを押せずに、誰か押すのを待っていたといい、自身が下りるバス停で誰も推さないとそのまま乗り過ごし、「次押してくれる所まで乗っていて。降りて歩くということを栗化していたのでその時間が無駄ったなと」と明かした。

 これに織田は「意外」と驚いていた。そんな松嶋。今は「ちゃんと押せます」と笑顔を見せていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)