舞台挨拶に登壇した織田裕二(撮影=木村武雄)

 織田裕二、松嶋菜々子、風間俊介、小澤征悦が20日、都内で開催された、来年1月19日スタートのWOWOW『連続ドラマW 頭取 野崎修平』(日曜よる10時、全5話・第1話無料放送、権野元監督)完成披露舞台挨拶に出席した。

 原作・周良貨氏、漫画・能田茂氏による経済漫画のドラマ化。2018年に放送された『監査役 野崎修平』の続編で、経営悪化したおおぞら銀行の頭取に再任した野崎修平が、頭取の座を狙う役員たちから失脚を企てられる中、銀行を再生させようと自分の正義を信じて奮闘する姿を描く。

 野崎修平を演じる織田裕二は冒頭の挨拶で「私はこの3年間、企業再生の現場におりました。その中で順調に回復していった企業の共通点は社員の明るさです。この明るさ…」と語り出したものの、途中で言葉に詰まり「ごめんなさい、忘れちゃいました、セリフ」と、第1話でカットされたセリフの一部を披露していたものの途中で忘れてしまったと苦笑い。

 その後のトークで、物語にちなんで「ご自身のことで再建、やり残したいこと」を聞かれ、最初は「そんなこと言えないですよ…」としていたものの「私思い出しました。このイベントの冒頭の挨拶やり直したい」と、周囲の笑いを誘っていた。

 その織田はこうして続編が放送されることを「嬉しかったです」と笑顔。前作では古谷一行が演じ野崎の前に大きく立ちはだかった京極頭取などがおり、「大先輩の古谷さんなど久しぶりにペイペイでやらせて頂いたので嬉しかった」としつつも、監査役というお固い役柄に「家に帰ってビールを飲まないと、毒を出さないといられない」と息抜きをする時間が必要なほどだったとし、新橋のサラリーマンの気持ちが分かったとも明かした。

 続編と聞いて最初こそ「あれがまた来るのかとドキッとした」としつつも、今作では頭取としてカムバックすることから「同じ人物なのに立場が異なっていて見える景色も違う。同じキャラクターなのに、役職によってこんなにも変わるのかと。なかなかない機会」と語った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)