コラボシューズをお披露目した山下智久(撮影=木村武雄)

 山下智久が19日、都内で開催された『ONITSUKA TIGER×TOMOHISA YAMASHITA 70th ANNIVERSARY コラボレーションシューズ発表会』に出席した。

【もっと写真を見る】山下智久とコラボデザインしたシューズ(1枚)

 ファッションブランド、オニツカタイガーのブランド誕生70周年を記念した、人気デザイナーとのコラボレーションプロジェクト第7弾。この日は完成したばかりのコラボレーションシューズを披露した。

 シューズは、アーカイブフィールドブーツから着想を得た「RINKAN BOOT」をベースに、山下がデザインをアレンジ。生地やソール、ボックスにいたるまで山下のこだわりが詰めこまれている。

 山下が好きな言葉「邁進(まいしん)」をイメージした造語「GFWD」のグラフィックをシューズの中敷とクリアラバーソールにプリント。常に前向きであることを象徴させた。

 山下は「オリジナリティあふれるプロダクトになっていて嬉しく思う」と自信。更に「履いてくれる人たちの未来を描きながら、とにかく必死で自分なりに勉強して臨みました。タイミング的にもいろんな国を旅しているなかでそこからインスパイアされたものもあり、僕の今を注ぎました」と述べた。

 点数をつけるなら「95点」と控えめ。その理由を「進み続けてよりよいものにして、履いてくれた時に100点になるのかなと。5点を埋めてほしい」と使用者に5点を委ねたいとの思いを明かした。自身においてはファッションとしてその5点を埋めたいとし「どの服を着るかによって変わってくるので、いろんな組み合わせで楽しみたい。ファッションで補いたい」と語った。

 シューズは男女兼用。「女性の事も凄く考えましたし、男女問わず履いてもらいたい」とも。更に「希望と夢がたくさん詰まった靴なので、頑張っている人を応援できるような、頑張っているみなさんに履いてもらいたい」とも述べた。

 ジャニーズのなかで送りたい人は?と聞かれ「恐縮ですが、一人ずつ回って『こんなものができたんですけど…」と回らさせて頂く感じで」と一人ずつ渡していきたいとも語り、なかでも「嵐のコンサートに行ってきて、(嵐は)白が似合うので、一人ずつ手渡していけたら。後輩から渡すのも恐縮ですが、チャンスがあれば」とも述べた。

記事タグ