あいみょんが12月17日・18日、横浜アリーナで『AIMYON TOUR 2019 -SIXTH SENSE STORY-』の神奈川公演を2日間開催し計26000人を動員した。10月からスタートし、自身最大規模のワンマンツアーとして22公演が行われた今回のツアーは、全公演がソールドアウト。2月には東阪で追加公演も決定しているが、年内でのワンマンライブはこの2デイズが最後ということもあり、気合いの入ったパフォーマンスを披露した。ここでは18日の模様をレポートする。

撮影=鈴木友莉

 開演時刻を過ぎ、ツアータイトルの映し出された幕が上がると、ステージに設置された6個のミラーボールがまばゆい光を放つ幻想的なオープニングの中、「ら、のはなし」でライブがスタート。歌詞に合わせて泡の模様が映し出された「今夜このまま」を届けると、「ふたりの世界」では「大きい声でアレ聞かせてください!」と呼びかけ、オーディエンスが曲中で「セックス!」と応えるお馴染みのやりとりも。さらに「愛を伝えたいだとか」のアウトロではステージ前方に出て行き、フロアを盛り上げる。ワンマンとしては過去最大のキャパながら、序盤から自信と余裕を感じさせるパフォーマンスは、まさにツアーの賜物だ。

照明の効果も加わって、平歌とサビのコントラストがよりドラマチックになった「真夏の夜の匂いがする」、スクリーンに〈ナンマイダ〉という歌詞が映し出された「二人だけの国」と、趣向を凝らした演出でも楽しませつつ、「わかってない」を力強く歌い終えると、「SIX SENTH STORYにようこそ!」とピースを決めて、ここから最初のMCコーナー。13000人も集まっていながら、MCになると途端にアットホームな雰囲気になるのもあいみょんらしく、ブロックごとのお客さんに呼びかけたり、「家族で来た人?カップルの人?」と聞いたり、距離の近さが感じられる。

「今日は最後なんで、喉が潰れてもいいと思ってます。出し切るんで、最後までよろしくお願いします!」と改めて挨拶をすると、「ハルノヒ」や「ひかりもの」を今度は特別な演出なしにストレートに届けていく。そんなあいみょんの「歌の力」がよりはっきりと伝わって来たのが、中盤に3曲披露された弾き語り。シアトリカルな雰囲気の漂う「生きていたんだよな」、ブルースハープも印象的なトーキングブルース調の「tower of the sun」、「恋をしたから」はピアニカとともに。今年2月には弾き語りでの日本武道館公演も成功させているが、やはりこのスタイルがシンガーソングライターとしての原点であると感じさせる好演だった。

 さらには「せっかくだから懐かしい曲を。18才のときに実家で作った曲」と言って、思春期の戸惑いを赤裸々に歌う「おっぱい」を鉄琴とアコーディオンを交えたスタイル披露し、ノスタルジックな空気が流れる。

撮影=永峰拓也

フィードバックノイズが鳴り響く「from 四階の角部屋」から始まった後半戦では、サイケなVJを用いた「鯉」を挟んで、「横浜アリーナの元気を見せてもらっていいですか?いくぞー!」と、アップテンポの「夢追いベンガル」に突入。サビでフロアから一斉に手が上がる中、2番ではハンドマイクでステージを左右に駆け回り、オーディエンスとハイタッチを交わすと、場内は大盛り上がり。さらに「貴方解剖純愛歌〜死ね〜」を畳み掛け、サビ前に「歌えますかー?」と呼びかける姿はまるでロックスターのよう。あいみょんがパフォーマーとしてまた一歩階段を上がったことをはっきりと印象付けた。

イントロから大歓声が上がり、すっかりアンセムになった感のある「マリーゴールド」を貫禄の歌声で届けると、MCでは再びオーディエンスと会話を交わし、「一番好きな曲は?」という質問に、「全部かなあ」と答えて、思わず照れるという微笑ましい一幕も。「今音楽が最高に楽しいです。みんなのおかげです。このツアーは感謝のツアーでもあります。着いて来てくれてありがとう」と改めて感謝を伝え、「また絶対ここでライブがしたい」と力強く言い切り、最新シングルの「空の青さを知る人よ」、「満月の夜なら」をしっかりと届けて行く。

「早いもので残り2曲です。次の曲はみんなで大きい声で歌いたい。歌えますか?」と呼びかけて始まった「君はロックを聴かない」では、大サビの前で自然と大合唱が起こり、この曲の訴求力の強さが改めて浮かび上がる。ラストは会場中の手拍子に包まれた「GOOD NIGHT BABY」で大団円。「2日間横浜アリーナでできて幸せです。また帰って来れるように頑張ります!」ともう一度伝え、凛々しい表情でステージから去って行く姿がこのツアーの充実ぶりを物語っていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)