山下健二郎・作“カイロ・レン”マスクアート

 スカイウォーカー家の物語を描く、最後の「スター・ウォーズ」、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が20日に日米同時公開されることを記念したアート展『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が20日から29日までの日程で東京・汐留の日テレホールで開かれる。それに先立ち19日、報道陣に公開された。

 アート展には、レイ、BB-8、カイロ・レン、ストームトルーパー、シス・トルーパーの等身大フィギュアなどの展示や、AR技術を利用したキャラクターとの写真撮影スペースなども設置されている。

 また、日本人アーティスト、タレントなど総勢11人が、ダース・ベイダーの遺志を受け継ぐカイロ・レンのマスクにアートを施した「カイロ・レン マスク アート」なども展示されている。

 写真は、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの山下健二郎が手掛けた「カイロ・レン マスク アート」。作品タイトルは「Special Forces(特殊部隊)」。

 山下は「架空の特殊部隊をイメージして作りました。スター・ウォーズシリーズでは珍しい迷彩をあえて使用して新しいキャラクターに仕上げました」とそのコンセプトを説明。更に「DIYなど数々の物作りはしてきましたが、初めての迷彩塗装とサビ塗装に苦戦しました」と制作を振り返った。

 ちなみに、マスクの目に当たる部分は、左右で赤と緑の光を交互に放っている。

 「カイロ・レン マスク アート」には、片瀬那奈、川島明(麒麟)、武田真治、中川翔子、速水もこみち、マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン)などが参加した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)