松岡茉優と鈴鹿央士(撮影=木村武雄)

 報知新聞社主催『第44回報知映画賞』表彰式が18日、都内のホテルで開かれ、新人賞を玉城ティナ、鈴鹿央士が受賞した。

 『蜜蜂と遠雷』の演技を評価された鈴鹿。キャストやスタッフを含めた制作チームに感謝の想いを伝え、「捨て犬を拾って頂いたような感覚です。捨てられてはいないんですけど…」と笑いを誘うと「オーディションで僕を見つけてくれて、鍛えられながらも撮影して、こういう所でしゃべっていることが想像ができなかった。すごい門出ですが、転んじゃいそうなので支えて頂きながら、事務所の方にもお願いします」と伝え、「天狗だなと思ったらすぐにへし折ってほしいです。ちょっとでも…のびのびと成長できるようになれたら…新人がなくなるときがくる。それが楽しみです」と喜びの思いを明かした。

 この日は同映画で主演を務めた松岡茉優が花束を持って祝福に駆け付けた。「去年まで岡山で普通の高校生をしていました。一番と言ってもいいほどプレッシャーのかかる役を演じてくれた。彼と目線を合わせてお芝居をするとセリフが飛んでしまうぐらい純粋なお芝居をされる。彼にぴったりな役。沢山の役と出会ってくれることも楽しみ。その門出が『蜜蜂と遠雷』だったことも誇りに思います」と賛辞を送った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)