井口昇監督と玉城ティナ(撮影=木村武雄)

 報知新聞社主催『第44回報知映画賞』表彰式が18日、都内のホテルで開かれ、新人賞を玉城ティナ、鈴鹿央士が受賞した。

 『Diner ダイナー』『惡の華』での演技が評価されての受賞。「私でいいのかなという心配と不安が残りますが、きょうは喜びを純粋に噛みしめたいと思います。沢山の選択肢のなかで『女優・玉城ティナ』を選んで頂き、信頼を寄せて頂き、作品を一緒に作って下さったスタッフに感謝を伝えさせてください、ありがとうございます」と感謝の言葉。

 続けて「私は映画が大好きで、どん底に突き落とされたり、時に拾い上げられたりしながら、私の内面や感情を育ててもらったように感じます。今は、表現する側として、映画を作っている人たちに『この子なら物語の一つのピースとして紡がせてもいい』と思ってもらえるような女優になっていきたい」と今後の活動に意欲を示した。

 ブロンズを贈呈した荒木久文氏は「『Diner』では可憐なか弱い、『惡の華』ではサディスティックなアウトロー的なヒロインを演じ切った。天使的なものから悪魔的なものまで幅広い演技をできる女優は貴重な存在。今後はみんなの期待を裏切って生活感のあるような姿やコメディにも挑戦して頂き益々活躍してほしい」と賛辞。

 また、『惡の華』でメガホンを握った井口昇監督は花束を持って祝福に駆け付けた。「(演じる)ふり幅が凄いというか、難しい役をチャーミングに演じていて心から感謝。すごい女優。玉城さんは日本映画界の宝になっていくと思う」と期待を寄せた。

この記事の写真

記事タグ