佐々木久美、齊藤京子、高本彩花

 LINE NEWSが2019年を彩る“話題の人”を表彰する『NEWS AWARDS 2019』表彰式が16日、都内のホテルでおこなわれ、日向坂46がアイドル部門を受賞した。

【もっと写真を見る】受賞式に出席した齊藤京子、佐々木久美、高本彩花(8枚)

 グループを代表して登壇した齊藤京子、佐々木久美、高本彩花。佐々木は「今年はデビューした年で、たくさんの事を日向坂46として経験した年です。そんな年に素敵な賞を頂けて嬉しい。LINE NEWSはメンバーみんな観ていて、話題にもしています。とても光栄」と受賞の気持ちを明かした。

 その後のトークセッションでは、初出場を決めた『第70回NHK紅白歌合戦』の話題に。佐々木は「フレッシュさを出したい」と語れば、齊藤は「今年最後のパフォーマンス。悔いのないように披露したい」と意気込み。対照的に高本は「緊張します」としつつも、「アイドルになって3年ほど経っていますが、紅白は夢でした。今年デビューすることができ、そして初出場が出来て嬉しい」と喜んだ。

佐々木久美

齊藤京子

高本彩花

 また、アスリート部門で受賞したのが「ラグビー日本代表」だったこともあり、話題はラグビーW杯に。日本代表の推しメンを聞かれた佐々木は「福岡(堅樹)選手です。足がとにかく速くて。私は足が速い人に惹かれるので、疾走感が凄くて、試合を観ていても福岡選手に目が行く。ワールドカップが終わったらお医者さんになると聞いたので、いつまでも夢をあきらめない姿勢もいいです」と語った。

この記事の写真

記事タグ