INTERVIEW

Fragrant Drive、2019年を振り返る 結成1年それぞれの想い


記者:村上順一

掲載:19年12月17日

読了時間:約15分

それぞれのお気に入り曲は

「ガルスピ~Smells Like Girl Spirit~」Type-B

――さて、皆さんの特にお気に入りの曲は?

片桐みほ 私は2曲あって、「Growing Up」と「Dance Flight」です。タイプがそれぞれ違うんです。「Growing Up」はCメロのところで私はソロパートを頂いていて、それもあって思い入れがあるんですけど、作曲していただいた摩天楼オペラの彩雨さんに、サビに向かっていくところで、大事なパートだとアドバイスを頂いて。そういうパートは初めてだったのですごく嬉しかったです。ここは何度もチャレンジして録ったので是非聴いて欲しいです。

 「Dance Flight」はkiyo(ex:Janne Da Arc)さんが作曲してくださったんですけど、こういったダークな感じの曲が私は好きなんです。セクシーな曲はフラドラにはなかったので嬉しいです。歌い方も変えているので、セクシーでカッコいいフラドラを見せられると思います。

――幅が広がりましたよね。加藤さんはいかがですか。

加藤真凛 私は冬の曲が好きということもあって「Snow Dust 」がお気に入りの1曲です。歌詞やメロディが切なくて今の季節にピッタリで、振り付けを考えて下さったのがメイリさんというグラビアアイドルの方なんですけど、スタイルが良すぎて見惚れてしまいまして。

――加藤さんは可愛い女の子が好きと前回のインタビューで言ってましたよね。

加藤真凛 そうなんです。見た目だけではなく、知れば知るほどメイリさんの性格もすごく良くて、以前私たちのライブを観に来て下さった時も「すごく頑張ってるね」と泣いて下さったんです。すごく素敵な方にお会いできたので、この曲を聴くとメイリさんが頭から離れなくなってしまって、優しさが溢れてくるんです。素敵な出会いに感謝です!

――西岡さんはいかがですか。

西岡玲菜 私は「ガルスピ~Smells Like Girl Spirit~ 」なんですけど、<人知れず涙する夜>というところが自分とリンクしているなと思って、アイドルを始めて辛いことが多くて投げ出したくなったことも何度もありました。でも、挫折しそうになった時もみんなのためにもっと頑張らなきゃいけない、こんなところで終わらせてはダメだと歌っていて思いました。私の気持ちをプロデューサーさんに見透かされているような感じもあって、この出だしを私に歌わせてくれたのかなと思いました。

 「Dance Flight」でも、<ひとりでは叶わない ずっとひとりのままでは・・・>という歌詞があるんですけど、それが私に当てはまるなと思いました。フラドラで活動できることのありがたみを感じながら歌っています。あと、この曲はセクシーな歌い方で歌っているんですけど、普段から私は赤ちゃん扱いされる事がみんなからあるんですけど、プロデューサーさんから褒めて頂いて、19歳でも色気を出す事が出来るんだと嬉しかったです。

――なぜ、アイドルを辞めたいと思ったんですか。

西岡玲菜 他人から自分がどう見られているのかが気になってしまって...。普段から私は顔色を伺いながら生活していて、そういうプレッシャーに負けそうになってしまうことがありました。それは被害妄想かもしれないんですけど(笑)。でも、それも夏からなくなりました。今はすごく健康です(笑)。歳を重ねてもアイドルをやっていきたいと思っています。

――ポジティブで何よりです。伊原さんはいかがですか。

伊原佳奈美 私は先程もお話に出た「Snow Dust」です。<手繰り寄せたマフラーの糸 長い道の先にあるのは>という一文が全然歌えなくて…。レコーディングになると想いを乗せて歌うことが出来なくなってしまうんです。すごく苦戦して「もう聴きたくない」というところまで来てしまいました。振り入れギリギリまで聴くことが出来なかったんですけど、メイリさんのおかげでそこから脱出できました。

――それはなぜですか。

伊原佳奈美 メイリさんが振り付けをして下さったのは、私のラジオにゲストで来ていただいたのがきっかけなんです。それもあってやっぱり頑張らなきゃと気持ちが切り替わって聴けるようになったんです。それに繋がることで「Growing Up」で<頭でわかっているつもりでいるのに できないのはなんでだろう>という歌詞があるんですけど、そこを歌わせてもらっているのも、私がそういう状態だというのを見透かされているからなのかなと思いました。

――今の心境と合ってるんですね。葉山さんはいかがですか。

葉山ゆず 私は「Growing Up」の歌詞にすごく共感できました。皆さんも経験したことがある悔しい気持ちとかあると思うんですけど、今回歌い出しを担当させていただいているんですけど、リリイベで初めて歌わせていただいた時は、緊張からか顔面蒼白といった感じでした。この曲を歌う前から声が震えてしまったりしていたんですけど、歌詞の<まだ知らない朝迎えるたびに 気持ちを切り替えていこうよ>という部分を歌って、くよくよしていてもしょうがないと、気持ちを切り替えることが出来ました。

――相当な緊張だったんですね。

葉山ゆず リリイベで歌う前日は、「Growing Up 」が頭の中で流れてきて、全然寝れなくて…。それからはそんな日々が続いたんですけど、逆にあまり考えないようにしようと切り替えたので、前よりも緊張は少なくなりました。

――考えすぎてもダメですからね。板橋さんはいかがですか。

板橋加奈 「Snow Dust 」は2番のAメロを歌わせて頂いています。私は歌に対して苦手意識があるんですけど、プロデューサーさんは「2番の歌い出し、かななにしちゃったけど大丈夫かな」と冗談ぽく話していたんですけど、私はその言葉が引っかかってしまって、レコーディングで上手く歌えないと悔しくて、家に帰ってからも落ち込んで泣いてしまって...。それもあって自分にしか出せない色を出したい、という意識が強くなったのが「Snow Dust 」でした。

――意識改革の1曲になったんですね。

板橋加奈 そうなんです。あと「Growing Up」はレコーディングの時に彩雨さんが「今回はアルファベットがなくてごめんね」と話してくれまして。

――板橋さんといえば、「嬉C」など会話にアルファべットを使うことが趣味ですから。

板橋加奈 はい! なので私は何でもアルファベットに変換出来るので、私のパートの<新しい仲間と出会うたびに スタート切るつもりでいこう>という歌詞の中に「新しい」と「C」でかけることができる言葉があったので、歌い方を変えてやってみたら、彩雨さんも「それいいね」と言ってくださって採用していただけました。個性を尊重していただけて嬉しかったです。

 「Dance Flight」は元PASSPO☆の槙田 紗子さんに振り付けをつけて頂きました。イントロはみんな死んでいるような状態からスタートしたり、マネキンみたいになったりと、今までにない振りになっていると思うので注目してもらえたら嬉しいです。

――ライブでは振り付けにも注目ですね。最後にファンの方へメッセージをお願いします。

板橋加奈 私たちは12月で結成1周年を迎えました。今まで見てきてくれた方たちには成長を感じてもらえると思うんですけど、まだまだ色んな方に見てもらいたいと思っています。初めてフラドラを見る方でも一緒に楽しめるところもライブでは沢山ありますし、MCや特典会などでも個性があって愉快なグループなので、是非遊びに来て下さい!

(おわり)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事