もう一度この5人で武道館に立ちたい

『あるわけないの』 初回限定盤 B(CD+写真集 )

――まねきケチャは4年間活動してきていますが、これまでで一番嬉しかったことは?

松下玲緒菜 やっぱり武道館公演がずっと夢だったので、武道館に立てることができて凄く嬉しかったです。

――武道館公演は緊張しませんでしたか。

宮内凛 いままでの緊張は緊張じゃなかったんだなと思うくらい…本当に体が震えました! 緊張し過ぎてよく覚えていないくらいです。

――武道館のステージから見える景色はどうでしたか。

中川美優 私達はポップアップで「バーン!」と登場したんですけど、あれで始めて周りにお客さんが入っているのを見たんです。泣いてました(笑)。

宮内凛 上がった瞬間に「こんなに来てくれてるんだ」って、ペンライトがワッと広がっていて。それまではモニターでも客席のほうを見ていなかったので。嬉し過ぎて泣きました(笑)。

深瀬美桜 メチャクチャ綺麗でした。4時間くらいやっていたんですけど、その時間があっという間というか、本当に実感が湧いてないくらいフワッとして。凄かったです…。

――逆に、この4年間で一番ピンチだったと思うことはありますか。

深瀬美桜 ピンチではないかもしれないですけど、8月31日の舞浜アンフィシアターでの4周年ライブで私達はバンドに挑戦したんです。始めてだったのでいままでとはまた違った緊張感というか、その時もあまり時間がなかったので凄くドキドキだったんですけど、成功できたんです。

――その他にグループがより一層磨きをかけているポイントはありますか?

中川美優 色々やっていこうとしています。バンドもそうだし、「YouTubeをやりたいね」とも言っているし、新しいことをしていこうと常に言っています。

――YouTubeでやるとしたらどんなことをやりますか?

宮内凛 私達はけっこう仲良しなので、みんなで色々出かけたりしたり。ファンの方々はプライベートの私達を見ることができないじゃないですか? 写真とかはSNSに上げたりしているけど、そういう姿を見せていったりしたいです。

松下玲緒菜 最近は歌を頑張っているんですけど、「歌ってみた」とかもYouTubeとかでやれたらいいなと思っています。

――やるとしたら何を歌いますか?

松下玲緒菜 私はボーカロイドが凄い好きなのでボーカロイドの曲をカバーしたいです。

深瀬美桜 「踊ってみた」とかもやりたいです。

篠原葵 私は加入してもうすぐ1年が経つんですけど、やっぱり歌とダンスを磨いてもっと上手くなりたいなって思っています。

――ボイストレーニングなどもやっているのでしょうか

松下玲緒菜 そうです。新曲が出るたびにやっています。

――パフォーマンス面でこれまで変化してきた点はありますか

松下玲緒菜 最初の頃は一生懸命がむしゃらにやっているという感じだったんですけど、たまに音響トラブルとかで曲が止まっちゃったりマイクが途切れたり、そういうトラブルにも対応できるようになりました。「アドリブでどうにかしよう」とか。そういうのができるようになりました。

深瀬美桜 私も最初加入した時、とりあえず大きく元気良く頑張るみたいな感じだったんですけど、最近は曲ごとに表現を合わせてお客さんに伝えられるようにしています。

――対応や表現の幅が広まってきたのですね。さて、2020年1月4日ですが、新年公演に向けての意気込みをお願いします。

松下玲緒菜 毎年、年明けに大きな会場でワンマンライブをやらせて頂いているんですけど、今年は新しい会場なんです。まだどんな感じがちょっとわからないんですけど、新年一発目のワンマンライブなので、ここで良いスタートを切れてまた1年活躍できたらいいなと思っています。

深瀬美桜 その年の勢いというか、最初が決まるメチャクチャ大事なライブだと思うので、新曲も増えると思うのでもっともっと良いライブにできるようにいまから頑張りたいと思います。

宮内凛 昨年末まで全国ツアーで頑張ってきたのを今回の新年ライブにぶつけて、もともと渋谷公会堂だった場所なんですけど、私の好きなアーティストさんや海外のアーティストさんもやるような凄い有名な会場なので、そこでやれるということを胸に頑張りたいです。

篠原葵 新しい年になってのライブなので、「今年も良い年になれそうだな」と思ってもらえるようなライブができたらいいなと思います。

中川美優 全国ツアーでたくさんお客さんを増やして、新年1月4日に来て頂ければなと思っています。

――最後に、これからのグループの目標は?

中川美優 もう一度この5人で武道館に立ちたいです。

――再び武道館に立った時、どんなことをしたいという展望はありますか。

松下玲緒菜 前回の武道館でけっこうやりたいことを詰め込んだんです。トロッコやポップアップ、サインボールを投げたりウェーブもして。自分達がやりたいことを全部プロデューサーさんが叶えてくれたんです。もう一つやりたいのは、空を飛びながらっていう(笑)。

――高い所は大丈夫なんですか。

松下玲緒菜 ブランコとかやりたいんです! 上のほうの席のお客さんまで歌を届けたいので、それはブランコかなって。

中川美優 自分達で作詞した曲とかを作ってやりたいです。自分達の頑張ってきたこととかを歌にしてみたいです! それでダンスとかもメンバーで振り付けをして。

宮内凛 1曲まるまる自分達でプロデュースみたいなのをやりたいです!

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。