新木優子

 新木優子が14日、都内で、2nd写真集『honey』(SDP)発売記念イベントを開催。自身の誕生日である12月15日に発売する同作についての思いを語るとともに、26歳になる心境を明かした。

【もっと写真を見る】発売記念イベント前に報道陣の撮影に応じた新木優子(6枚)

 本作は、2017年の初写真集『ガールフレンド』当時から「『honey』というタイトルで出したいと思っていた」という念願の作品で「形に出来たことが嬉しい」と感無量の様子。

 その前作のテーマは、「皆といる中で気になる“女友達”。友達といるような感覚」という距離感だったが、本作では「異性だったら恋人。同性なら親友。普段親友に見せるような表情をテーマに撮影しました」といい「距離感が大切にした」という。

 撮影は5月、イタリアでおこなわれた。その時期のヨーロッパは天候が悪くなることが少ないという。しかし、「天気の良い日が数えるぐらいしかなくて、ほとんど曇りや雨」。それでも「最後に夕日を撮りたくて、その撮影だけは晴れた。それが印象的でした」。そのカットは本作の最後に収録。

 「距離感も縮まったので…」という本作に次ぐ3作目にも意欲。「大人になるのも素敵だけど、色んな人とコラボしたり、新しい写真集にできたら」と構想を明かした。

 今年は、『トイ・ストーリー4』のギャビー・ギャビー役で初の声優にも挑戦。また、ドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)ではW主演を務めるなど活躍が目覚ましかった。「今年は忙しくもあり、初めての仕事など新しい挑戦ということで不安もありました。でも『honey』のテーマになっているような、身近な人たち、親友や家族、スタッフなど周りの人に支えられて不安も強みに頑張れましたので感謝の1年でした」と振り返った。

新木優子

新木優子

 写真集の発売日でもある12月15日は26歳の誕生日。「20代も後半になって、やれてきたこと、チャレンジしてきたことも増えました。女優でしたらいろんな役に挑戦したいし、モデルとしても努力、磨いていきたいところは沢山あって。26歳は私にとっては大人の一歩。大人らしい、今までに挑戦できなかったことに挑戦したい」と目標を掲げた。

 発売を記念した握手会イベントは、東京・大阪・福岡でおこなわれる。この日は初日となる。「握手会イベントは久しぶり。お会いしたことがない方にも会えるので私自身、嬉しい」とファンと交流できる機会を喜んだ。

 本作については「今までにない近い距離感や私の表情がたくさん見られる1冊になっています。応援してくださった方には感謝の気持ちも込めて写真を選びました」とメッセージを送った。

この記事の写真
新木優子

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)