舞台挨拶に立った宮沢りえ、北村匠海、芳根京子、村野佑太監督

 北村匠海、芳根京子、宮沢りえが13日、都内でおこなわれたアニメ映画『ぼくらの7日間戦争』(村野佑太監督)初日舞台挨拶に登壇した。

 1985年に公開された、宮沢りえデビュー作の実写映画『ぼくらの七日間戦争』を原作にアニメ映画化した。宮沢が演じた中山ひとみが廃工場に立てこもり大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年の北海道が舞台となり、原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーがアニメーション映像によって展開される。

 この日はW主演の北村匠海 、芳根京子に加え、1988年に公開された実写版『ぼくらの七日間戦争』で女優デビュー&初主演を飾り、本作で“2020年の中山ひとみ”役を演じた宮沢りえ、そして本作のメガホンを取った村野佑太監督が登壇した。

 北村は「30年前の実写、その前の小説と、形を変えて続け、10代の心に響き続ける作品。今作はSNSがフィーチャーされています。皆が自分を表現できる時代になっていると思う。誤ったSNSの攻撃も表現されています。きっと変わらないのは、たった7日間だけどぶつけあったり、なぐさめあったり、10代だけど最初はちぐはぐだったけど、最後は1個になって。心から話せる人をこの映画をみて見つけられたら」。

 芳根は「絶対人は一人じゃないなと。学生の頃、本音を言えて変われた自分がいて。家族でも友人でも、自分をさらけ出す、本音を言ええると強くなれる。不安や悩みを抱えている人も絶対に大丈夫。絶対に希望の光はあると思う。一緒に頑張っていけたら」と呼びかけた。

 一方の宮沢は当時を回顧。「演技が初めてだったので、始まる前に合宿をした」と明かし、「演技に対する不得意感、劣等感が今もだけど、ほかの人たちよりも演技経験が少なかったので。でも沢山の方のエネルギーに押されて、できないことができていく、演じていくことの奇跡をなんとなく覚えています。ずっと緊張していました」と振り返った。

 この日は、91歳になっても尚現役で執筆活動をされる原作者の宗田理氏からの手紙も披露された。

この記事の写真

記事タグ