嘉門タツオ、関ジャニ∞、山崎直子、若月佑美ら

 嘉門タツオ、関ジャニ∞、若月佑美、山崎直子氏らが、『2020年ドバイ国際博覧会』会期中の来年12月12日におこなわれるジャパンデーを盛り上げるための日本館PRアンバサダーに任命され、12日、経済産業省で開かれた『ドバイ国際博覧会日本館 ジャパンデー1年前記者発表会』で梶山弘志経産相から任命状を授与された。

 日本政府が、幹事省を経済産業省、副幹事省を総務省、文部科学省、農林水産省および国土交通省、参加機関を独立行政法人日本貿易振興機構として、日本館の出展準備を進める「ドバイ万博」(2020年10月20日~2021年4月10日)。会期中は各参加国の参加を称えるナショナルデーが催される。日本においては2020年12月12日に「ジャパンデー」として開催される予定で、国内での機運醸成に寄与するため日本館PRアンバサダーとして各氏を任命した。

 2025年には大阪万博の開催も決まっており、ドバイ万博での日本館はそれを繋ぐ役割も期待されている。梶山弘志経産相は「盛り上げて、大成功を収めるとともに、大阪万博に繋げたい」と語った。

 関ジャニ∞の村上信五は過去にドバイに行ったことがあるようで「豪華絢爛だった」と振り返った。大阪万博については「不思議なご縁。万博の魅力をドバイで伝えて大阪に持ち帰りたい」と意欲を示した。今年2月と4月にドバイに行った若月は「ドバイの魅力を知ったので、ドバイのみなさんに日本の魅力を伝えたい」と語った。嘉門タツオは歌で意気込みを伝えた。

 アンバサダーには、東海大学付属高輪台高等学校UAE留学生や機動戦士ガンダム、ポケットモンスターも任命された。

記事タグ