MV撮影に臨む姿勢

――「Snow White Girl」はミュージックビデオ(MV)も撮影されていますが、完成してみていかがですか。

U これまでの作品はBeemer(ファンの呼称)のみんなから、それぞれ好きなメンバーへのリアクションが来るんですけど、今回個々ではなくみんな良いと言ってくれるんです。それぞれの良さが出たMVだと思いますし、ひとつの世界観を打ち出せた映像作品になっていると思います。

――印象的だったシーンは?

MASATO 初めて雪を降らせて頂きました。地面に落ちても消えない、固形の泡のような雪なんですけど。

MASATO

U なので、あれを吸いこんでしまうと大変なことになるんです。

REI 雪の量の調節がけっこうシビアで、Uさんが雪で隠れてしまって。

U あれはすごかったです。あと、スタジオでセットチェンジして撮影したのも初めてだったので、これはなかなかお金が掛かってるんじゃないかなと。それもあってもっと頑張りたいなと思いました。

――笑顔が印象的だったのですが、良い笑顔を作るコツはありますか。

REI コツですか!? うーん、やっぱり何事も心から楽しむことじゃないかなと思います。

U REIは撮影の時、割と気合い入れるタイプなんですけど、今回は肩の力が抜けていた感じがしました。

REI 曲によって姿勢は変わります。例えば「Don't think, feel.」のような曲だったら気持ちを引き締めて行きたいですけど、「Snow White Girl」は伝えたい表情が違かったので、スタジオの入りから柔らかく行きました。

SATORU えっ! 入りから?

一同 (笑)。

REI でも、そういうモードはMASATO君の方があるんじゃないかな?

――MASATOさんもそういった撮影モードみたいなのが?

MASATO いやいや、そういうのは僕はないと思います。

U でも、曲の世界観とか僕らの中で一番敏感なのはMASATOだと思います。この曲はどんな世界観なのか絶対聞いてきますから。

MASATO 普段の自分がすごく普通なんです。それもあって、世界観に入り込まないとダメなのかなと感じている部分があって...。僕は意識して集中しないとTHE BEAT GARDEN のMASATOではない、滋賀県のMASATOが出てしまうので(笑)。

U ライブではそれぞれスイッチがあると思うんですけど、この曲をライブで歌う時、ステージで一番MVに近い雰囲気を出せているのはMASATOだと思うんです。

――SATORUさんは撮影にはどのような姿勢で臨みましたか。3人が歌っているなかでの、SATORUさんの存在感が以前よりも抜けてきたなと思いました。

SATORU ありがとうございます! 今回は今まで以上にイメージトレーニングはしていきました。

SATORU

REI それは僕も思いました。雪の降るシーンで、ソロカットがあって、そこは自由に動いて良かったんですけど、そこでジャンプしたり色んな表現をしていたのが印象的でした。ちょっと俳優っぽいといいますか。

SATORU イメトレの成果が出ましたね(笑)。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。