左から、キャスリーン・ケネディ、J.J.エイブラムス監督、ジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ

 スター・ウォーズ完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)レッドカーペット・イベントが11日、都内でおこなわれた。

 J.J.エイブラムス監督を筆頭に、レイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、シリーズ全作品に登場する“レジェンド”C-3PO役のアンソニー・ダニエルズら壮大な歴史のフィナーレを担う豪華メンバーがファンの声援に応えた。

J.J.エイブラムス監督

J.J.エイブラムス監督

 エイブラムス監督は「東京に来れて嬉しい。早く観てほしい」、リドリーは日本語で「日本に来られて嬉しい、ありがとう!」と喜びを伝え、アイザックは「日本大好き」、ボイエガは「日本のファンは世界でも最高!」と称え、ダニエルズは「皆さんごばんは」と日本語で伝えたあと「『スター・ウォーズ』ファンでいてくれてありがとう」と語った。

デイジー・リドリー

デイジー・リドリー

 キャスリーン・ケネディは「日本の『スター・ウォーズ』ファンに感謝。日本は『スター・ウォーズ』において長い間、とても重要な国だった。このレガシーを受け継いでくれて本当にありがとう」と感謝した。

アンソニー・ダニエルズ

オスカー・アイザック

ジョン・ボイエガ

 改めて監督は公開を控え「ワクワクしている。ここにいるキャスト、スタッフ全員が素晴らしい仕事をしてくれた。責任も感じているし、良いものを届けたい気持ちで一生懸命に作った。皆さんに感動を与えたい」と心境を明かした。

 最後はリドリーが日本語で「フォースと共にあらんことを!」と叫ぶと、特効で銀と赤のテープが宙を舞い、ファンを更に高揚させた。

キャスリーン・ケネディ

デイジー・リドリー

この記事の写真
デイジー・リドリー
J.J.エイブラムス監督

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)