First placeの2019年の漢字は「彩」

「SNOW LIGHT」初回盤A

――カップリング「帰り道」は、KAITOさんが作詞を担当していますね。

KAITO 「帰り道」は『L.D.Love』の候補曲だったんですけど収録には至らなくて、今回歌詞を新たにして、再チャレンジしました。言葉数が多いメロディだったので、言葉を音にハメるのに苦戦しました。

――受験や就職などでそれぞれの道に向かうところでの、男女の気持ちが歌われている歌詞ですね。

RYOMA そうですね。だからきっと、高校生のファンなんかは、ハマってくれるんじゃないかと思います。

――<愛は語れないけど恋はしてる>という歌詞もあって。

RYOMA 愛じゃないからこそ、若いみんなに感じてもらえると思います。愛って大人のイメージが強いけど、10代の子とかには、恋のほうが身近だと思うので。

――皆さんは恋をしていますか?

KENTO 応援してくれるみんなに恋をしています。あと、歌にも恋をしていますね。歌っていて、「帰り道」の歌詞もそうですけど、自分の気持ちと重ねて歌えるところが楽しくて。歌を通して、聴いてくれるみなさんに、自分たちのことを知ってもらっているようなところもありますね。

KAITO でも、ファンに対しては、どちらかと言うと恋よりも愛じゃないかな? 恋は一方通行でも出来るけど、愛はお互いが思い合っているものだから。僕らとファンの関係は、愛だなって。

RYOMA 僕は、地元のサッカーチームのサポーターをやっているんですけど、自分が応援する立場を経験することで、First placeを応援してくれるみんなのアツイ気持ちがより分かるようになりました。これからはその気持ちに、もっと応えていこうと思います。

TAIHEI 僕は、筋肉に恋しています! 1年くらい前からジムに通い始めて、毎日鏡の前で筋肉と会話しています(笑)。

――そして3曲目の「証明-アカシ-」は、ライブでの盛り上がりが目に浮かぶパーティーチューンですね。

RYOMA 初めてのタオル曲です。ある時ファンの方から「タオル曲がないですね」って指摘されて、言われてみればそうだったと気づいて。デモを聴いた瞬間、「これだ!」って満場一致で収録が決まりました。今では、僕らのライブには欠かせない重要な曲です。

――曲調はイケイケだけど、歌詞は胸に刺さるものがあって。

TAIHEI 歌詞はメッセージ性が強くて、ファンのみんなのことを思って歌っています。この曲、ライブの空間が、お客さんと僕たちの証であるみたいな。

KAITO ライブに来てくれるみんなは、僕らのライブを楽しみにして、日々いろいろなことを頑張って乗り越えて、それでライブに来てくれていて。だから僕らとしてもそれに応えたい。ライブごと一瞬一瞬を大切にして、みんなと僕らが同じ時間と場所を共有した証となるような曲にしたいと思いました。

KENTO この曲はみんなでタオルを回して、拳を掲げて、すごく一体感が生まれる曲です。かけ合いをするところもあるし。みんなと一つになるための歌です。

――First placeは「さだめ」を筆頭に、切なさやバラードというイメージがありますが、ライブではこういうノリのいい曲で盛り上がる部分もあると分かってもらえる曲になりましたよね。タオルを買っただけで終わりにはしないという。

KAITO 今まではタオルを首にかけていただけなので、せっかくだから使ってもらわないと(笑)。

――さて、そろそろ今年も終わりですが、最後に2019年を漢字一文字で表すとしたら?

KAITO 僕は「悩」です。いろいろなことを、本当にたくさん考えました。グループの方向性、自分たちはどういう音楽をやっていくべきか、はたまた自分自身の今後の人生についても、いっぱい考えました。今までの人生で、一番考えた1年です。ただ、まだ明確な答えが出せていないので、それで「悩」にしました。悩み中ということですけど、答えが出るまで考え続けたいなって思います。

TAIHEI 僕は「進」です。停滞しないことが大事で、歌い続けるとかグループが続いていくとか。たとえ成長がわずかだったとしても止まることはなかったし、ちゃんと前を見ていられたんじゃないかなって思います。確かに不安もあったけど、今年はミニアルバムとこのシングルの2枚を出せたし、ライブも出来たし。少しずつだけど、成長して前に進めた。そんな1年を重ねて行って、いずれそれが積み重なって大きな成長になっていたら良いなと思います。

KENTO 今年は「楽」です。辛いことや苦しいこともあったけど、それも含めて楽しいと思うからやって来られたと思います。辛いことや苦しいことも楽しんでやってやるという、そういう前向きなメンタルで1年やって来られました。ステージで苦しい時もあったけど、ここを踏ん張ればきっとこの先に楽しいことがあると信じてやって来ました。馬の鼻先に人参をぶら下げるじゃないけど、その都度なにか美味しいものを食べるとか自分へのご褒美をぶら下げて。結果、ずっと楽しかったと思えるので来年もその先も楽しみたいです。

RYOMA 多彩という意味で、「彩」です。今年は“恋色多彩”をテーマに掲げたミニアルバム『L.D.Love』と、初のクリスマスソング「SNOW LIGHT」をリリースして、そこには初のタオル曲も収録されました。そう考えると、First placeのいろんな色が表現出来た1年だったと思います。音楽以外でも、メンバー同士の仲がより親密になって、今まで知らなかったメンバーの新たな一面を知ることもありました。いろいろなものが、この1年を彩ってくれたなと思います。この流れに乗って、2020年ももっといろんな色を出して行きますので、楽しみにしていてください。

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。