ピエール中野(凛として時雨)が12月20日、SHIBUYA TAKE OFF 7で“実況男”清野茂樹のセッションシリーズ第8弾『ピエール中野と清野茂樹』をおこなう。

 “実況男”清野茂樹のセッションシリーズ第8弾の相手は、ドラムの可能性を果てしなく追い求めるピエール中野(凛として時雨)に決定。

 前代未聞のドラムと実況のセッションの方法とは、2人の知らないサイレント映像を映し出し、その映像に中野が即興でドラムを叩き、清野が即興で実況をつけるというその場限りのドラム・実況・映像の表現が見られるという。

 また、中野が「普段はほとんど見せない」というドラムのチューニングの様子を公開し、清野がその様子の実況に挑戦する。中野が演奏する凜として時雨の楽曲の世界観を清野が実況したり、両者のソロパフォーマンスも披露したり…など「ドラム」と「実況」によるここでしか味わえない異種表現は感度の高い音楽ファンに突き刺さるに違いない。

 アート・ブレイキーや古舘伊知郎でさえもやったことのない、史上初のスーパーセッションではないだろうか。2019年の締めくくりに実現する一夜限りの異種即興芸が味わえるライブである。

ピエール中野 コメント

 ドラムと実況の魅力を余す事なく伝えるイベントです。プロ中のプロによる異種交流の白熱したステージは、他では得られない高揚感を約束します。普段はわからなかった魅力や体験をお届けして、あなたの今後の生活をも豊かにしていく事でしょう。QOL(Quality of Life)上がります!ぜひご来場ください!

清野茂樹 コメント

 その昔、アントニオ猪木がボクシング世界王者のモハメド・アリと対戦したとき、「プロレスとボクシングが闘うなんてナンセンス」と酷評されたわけですが、今となっては世界中で「すごい発明だった」と評価されています。ドラムと実況の異種格闘技戦…のちに評価されるであろう名勝負の目撃者になってください!! 迷わず行けよ、行けばわかるさ!

ライブ情報

「ピエール中野と清野茂樹」

2019年12月20日(金)19時30分開場 20時00分開演

会場: SHIBUYA TAKE OFF 7 渋谷区宇田川町32-12アソルティ渋谷B1F
主催:kuramaejimusho.inc
協力:ムーヴィング・オン
入場料:3500円(税込)全席指定
※要1ドリンクオーダー
※公演当日に会場にて座席をご確認ください

公演に関する問い合わせ
SHIBUYA TAKE OFF 7 03-3770-7755

チケット発売情報
イープラスにて発売中
※スマチケも対応あり

受付URL
https://eplus.jp/kiyono-pinakano/

ピエール中野(ドラマー)  

 1980年埼玉県生まれ。凛として時雨のドラマーとして2008年にメジャーデビュー。手数、足数を駆使した高度なテクニックな表現力で、豪快かつ繊細な圧倒的プレイスタイルを確立。サブカル的な独自の視点と卑猥なマイクパフォーマンスで一部のファンから熱狂的な支持を得ている。ドラマーとしての可能性を模索し、幅広く精力的な活動を展開している。

清野茂樹(実況男)

 1973年兵庫県生まれ。1996年に広島エフエム放送に入社。2006年よりフリーに転向。現在のプロレス実況の第一人者であり、その活動はイベントの企画や執筆、ラジオパーソナリティにまで及ぶ。実況を使ったパフォーマンス「実況芸」に取り組んでおり、ラッパーのSKY-HIやサウンドクリエーターのミト(クラムボン)ら音楽の世界ともコラボレーションしている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)