先行上映舞台挨拶に登壇した左から新城毅彦監督、眞栄田郷敦、片寄涼太、橋本環奈、遠藤憲一

 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、橋本環奈、眞栄田郷敦、遠藤憲一が4日、都内でおこなわれた映画『午前0時、キスしに来てよ』(12月6日公開、新城毅彦監督)先行上映舞台挨拶に登壇した。

【もっと写真を見る】橋本環奈のキスマーク

 『別冊フレンド』(講談社)で連載中のみきもと凜の人気漫画を原作に、国民的スター・綾瀬楓と女子高生・花澤日奈々の恋の行方を描く。

 綾瀬を演じた片寄はGENERATIONSでの活動が役に活かされたとし「違う方がこの役を演じたら少し嫉妬しちゃう」とも。

 一方の花澤を演じた橋本は「日奈々はピュアだからこそ綾瀬さんの言動に一喜一憂していて。恋する女性は可愛い。そうした所を意識して表情を変えていて、自分の感情を隠し切れないだろうなと思って演じました」と語った。

 劇中ではマスク越しのキスにも挑んだ。撮影後監督から「凄く良かった」と絶賛された片寄だが「マスクを挟んでいたので手応えはなかった」と笑み。橋本は「新鮮でした」としながらも「私はマスクの外側の方だったから…別のタイプのマスクだったら口唇を感じる気がする」と振り返っていた。

 そのキスシーンでは原作に忠実に“鼻かじキス”にも挑んだ。橋本には内緒でおこなわれたそうで、突然かじられた橋本は「怪しいと思ったけど、かじられたときは『キュン』とよりかは『え? かじった?』みたいな。原作通りに再現するんだと思った」と笑顔で当時を振り返った。

 花澤の幼馴染・浜辺彰を演じた眞栄田はそのシーン「新しいなと思いましたし、壁ドンとあごくいとかみたいに、新しい言葉としては流行ってくれたら」と期待を寄せた。

 その眞栄田は後ろから抱き寄せるシーンに臨んだ。「役として気づいたら抱きしめていた感じ」とさらり。橋本も「スムーズな感じだった。あーちゃん(浜辺彰)の感情の流れでそうなっていて、見ていてドキッとした」と語った。

 一方の綾瀬のマネージャー・高橋茂雄を演じた遠藤は「まずこういうタイトルの映画にこの顔で出ていいのかな。俺の場合だったらマスクは銀行強盗の役、羽交い絞めしたら捕まるから」と語り、会場の笑いを誘っていた。

 またこの日は4人のキスマークも披露した。

記事タグ