BEYOOOOONDSが2日、東京・Zepp DiverCityで、グループ初の単独公演『LIVE BEYOOOOOND1St』をスタートさせた。公演前には囲み取材に応じ、ライブへの思いなどを明かした。

めちゃくちゃ濃い一年

 メジャーデビューから4カ月での初単独公演。ライブ前の囲み取材で高瀬くるみは「がむしゃらに駆け抜けてきました」はこの4カ月を振り返り、前田こころも「あっという間でしたが、一緒に過ごしてきてメンバー同士の絆も深まっていると思います」と語った。12人が揃ってからは、12月3日で丸一年。西田汐里は「まだ一年しか経ってないんだなって思いました。めちゃくちゃ濃い一年でした」と充実した1年だったと語った。

 11月27日には、1stアルバム『BEYOOOOOND1St』をリリース。島倉りかは、自身と岡村美波がメインを担当した「恋のおスウィング」をプッシュ。同曲はシングル表題曲にもなった「眼鏡の男の子」の中で“お嬢様役”を担当した2人にフィーチャーしたスピンオフ作品となっている。

 また、グループのピアノ演奏担当である小林萌花はアルバム収録のピアノソロ曲「小夜曲(セレナーデ)“眼鏡の男の子”」をステージ上のグランドピアノで披露。ワンマンライブにグランドピアノを使用するアイドルグループという、型 破りな姿もこのグループらしい見どころだ。

 さらに、今年の第6回レコード大賞での新人賞受賞にも話題が及ぶ。こちらには江口紗耶が「 BEYOOOOONDS をたくさんの方に知っていただきたいです」と口を開き、高瀬が「新人賞にふさわしいグループになれるようこの一ヶ月頑張っていかなきゃと思っています」とコメント。平井美葉は「(新人賞は)今この時しか頂けない賞なので、嬉しいです。テレビで見てくださる方々にも、このグループはもっともっと輝いていくんだろうなって思ってもらいたいです」と言葉を繋げている。

 2020年に向け、次は何を仕掛けたいか? という問いには「来年はもっとマニアックな自己紹介にしたいですね」と里吉うたの。取材終わりには高瀬が「先輩方のパフォーマンスとはちょっとズレた見せ方もしているので、“あ、こんな表現の仕方もあるんだな”と思ってほしいです」、一岡伶奈が「演技パートもあるので演技を極めたいですね。たくさんの先輩方はいらっしゃいますが、勢いは一番! というところを目指します」と、高瀬と並びグループの二本柱としての意思どころを見せた。

2200人を動員

 この日のライブでは2200人を動員。1stアルバム収録曲を中心に全 17 曲を披露 した。BEYOOOOONDSの楽曲に欠かせない寸劇の数々も、ワンマンライブでは披露曲数の増大に伴いボリュームアップ。広がるBEYOOOOONDSの世界観に観客席からは度々歓声が湧きあがった。

 メンバー自身も興奮さめやらず、MCではフロアを埋め尽くしたペンライトに何人もが「すごい!」と驚き声をあげる。特に清野桃々姫は絶叫混じりに「やばい! 言葉にならない!」と全身で喜びを表現していた。

ライブのもよう

ライブのもよう

 ステージ上で今年の振り返りを任された山崎夢羽(※崎は正しくは山へんに立可)は今年の一文字として“夢”を宣言。「この一年でいろんな夢を叶えたし、夢が広がりました!」と語る。

 ユニット曲ブロックでは雨ノ森川海、CHICA#TETSUの楽曲に加え、どちらにも属していない平井・小林・里吉ら3 人のユニット曲もライブ初披露。3 つのユニットでバリエーションたっぷりに見せた後は、新衣装で前山田健一の提供楽曲「きのこたけのこ大戦記」を壮大にパフォーマンスし、盛り上げナンバーを連発して終盤へと駆け抜けた。

 BEYOOOOONDS は今後1stアルバムをひっさげ、単独公演『LIVE BEYOOOOOND1St』を柏PALOOZA、横浜Bay Hall と展開。また12月7日には東京・サンリオピューロランドでのスペシャルライブをおこなう。大晦日にはHello! Project のカウントダウン・コンサートに参加し、2020 年の年明け以降はHello! Project 全体のコンサートツアーに出演予定となっている。

記事タグ