発売記念イベントに出席した秋田汐梨(C)SDP

 モデルで女優の秋田汐梨(16)が1日、都内で『秋田汐梨オフィシャルカレンダー2020』発売記念イベントをおこなった。

【写真をもっと見る】オフィシャルカレンダーをもって撮影に応じる秋田汐梨

 今年は連続ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です」(日本テレビ系)、映画『賭ケグルイ』、『惡の華』など話題作に出演。「新しいことにたくさん取り組んだ年でした。毎回撮影などがすごく新鮮で。『惡の華』や『賭ケグルイ』の役はとても挑戦的な役だったので、役について考えて過ごした一年だったな、と思います」と振り返り、今後は「『惡の華』での難しい役や、普通の女子高生など、どんな役でも当てはまるような女優さんになりたいです」と意欲を示した。

 芝居だけでなく、女性ファッション誌『Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルとしても活躍する。「今年の春に『ニコラ』を卒業して『セブンティーン』に入ったのですが、雑誌によって雰囲気も全然違うので『セブンティーン』らしいモデルさんを目指したいです」と意気込んだ。

 来年は高校生最後の年。「高校生活を充実させたいし、お仕事も両立して頑張りたいと思います。大学への進学も考え中なのですが、そのために勉強もきちんと頑張りたいです」とも述べた。

秋田汐梨オフィシャルカレンダー2020(C)SDP

 カレンダーは昨年に続き自身2作目。「この一年で、顔が大人っぽくなったと、言われることが多くなりました。今年のカレンダーは外を歩きながら撮ったりしたので、ナチュラルさや私の素の部分も見える写真になっていると思います」とも。

 本作は、透明感溢れる16歳の等身大を捉えた表紙をはじめ、笑顔や人気モデルとして活躍する身のこなしなどが印象的だ。「去年のカレンダーは、撮影日が雨でスタジオで撮った写真が多かったのですが、今年はいいお天気の中撮影ができて、全体的に明るい印象のカレンダーになりました!」。

 撮影では、「髪をかき上げるポーズの写真を屋上で撮影したのですが、とても風が強くて、髪が風に吹かれて大変だったことが印象的でした」とも振り返った本作。「机の上に、去年のカレンダーと並べて飾って、成長を見比べてみて欲しいです」とファンに呼びかけた。

記事タグ