ガラッと変わったアレンジ

――いままでと楽曲の作り方に変化はありましたか。

 作曲に関しては今までとそんなに変わっていないと思います。アレンジは今回から色んなアレンジャーさんとやらせて頂いていて、いままでとは違ったテイストの曲がたくさん出来ています。今作ではゴスペルの声を入れたのは初めてで、今までにやってこなかった試みはしています。

――そこは凄く希望の光を感じました。どういった形でこの作品をつくっていったのでしょうか。

 ありがとうございます。R&B感とゴスペル感を混ぜたくてサウンドにもこだわりました。
まず、自分で作詞作曲をして、それをもとにアレンジャーの中野さん、REOさんにアレンジを作って頂きました。ゴスペルのパートのコーラスのメロディも考えて、同じ事務所でアーティストのエリアンナさんにコーラスを作って頂きました。

――CHIHIROさんはコーラスに参加されていないんですか。

 一部重ねましたが、「I believe in you」というところは投げかけてもらいたかったので、私はそこは重ねずすべてコーラスをお願いしました。

――お一人なのに凄い厚みですね。周波数が揃うとあまり広がらないとよく言われますが、色々変えられる方なのでしょうか。

 ミュージカルで普段活躍されている方なので、任せてっていう感じで言ってもらえてとってもイメージ通りでした。

――今回メロディを作っていて苦労した点はありましたか?

 いつもメロディが先で、後から言葉を乗せることが多いんですけど、言葉を先に作ってメロディを考えたので、メロディと言葉のバランスが凄く難しかったんです。今回は言葉数が多いんですけど、そこをどうはめていくかということに試行錯誤しました!

――アレンジは割とシンプルですよね?

 実は最初もっと派手だったんです。最初のアレンジにはドラムもしっかり入っていて。でも意外とシンプルなほうが伝わる気がして...楽器をステム(各パート個々のトラック)を頂いて、ここはこうしたいななど提案させてもらいました。

――リミックスに近い感覚ですね。

そうですね、信頼のける方たちと一緒につくってるので、 「ここの弦をここに貼って」みたいなこともして(笑)。時にはピアノだけ作ってもらって、ドラムを自分で打ち込んで「こんな感じのドラムのイメージです」とお渡したりすることもあります。

――それだけご自身のイメージがしっかりしているということですね。

もちろん私のイメージもありますが、一緒に作ってくださる方の支えもあって私の音楽ができてます。感覚でこんな感じというオーダーをして困らせる時もありますが、パズルがはまったときに私らしさになる気がしてます。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。