自分のワンマンだったらどんな世界になるんだろう?

藍井エイル

――「Story」はピコさんのカバーですね。この曲との出会いはどんなものだったのでしょうか?

 ピコさんのメジャーデビューが決まって、「ピコさんおめでとうございます」という画像と一緒に、「Story」を私がカバーさせて頂いたのがきっかけなんです。私が今こうやって歌えているのはピコさんの「Story」があり、ピコさんがいたから、いまの自分に繋がれていると思っています。原点回帰という意味でもピコさんは私にとって凄く大切な人なんです。

 その大切な人が闘病して頑張っている姿を見た時に、心配になりつつも何もできない自分もいて….。改めてこのシングルは原点回帰、大切な人に気づいていくシングルでもあって、ここで「Story」を歌って、改めてピコさんへの感謝の気持ちを歌いたいなと思いました。今回約10年ぶりくらいに歌ったんですけど、やっぱりピコさんは凄い人だなと感じました。

――この曲は面白い転調をしますよね。普通の半音転調ではなく全音転調で。

 そうなんです。男性でトップ音がF♯(ファ♯)まであるのに、普通に歌っていることが改めて凄い人だなと思った部分なんです。

――一聴して大変さが伝わってくる曲ですけど、レコーディングはいかがでした?

 アレンジをしてくれたのは重永(亮介)さんで、ディレクションもしていただいたんですけど、私が「これは短期決戦だよ。何回も録るのはちょっと無理かも」という話をしながらレコーディングをさせていただきました。これは原曲キーなんですけど、女性の私でもかなり厳しいキーなんです。

――レコーディングの時は10年前のことを思い出したのでは?

藍井エイル

 思い出しました。録音が終わった時にちょっと10年前に録った「Story」を聴いたら、もう声も滑舌も癖も違うし、全然違う人になっていて。重永さんも初期の頃から一緒に制作しているので、「歌いかたも変わったね」と話してくれて、「あ〜時が経ったんだな」としみじみ思いました。

――シングルとして原点回帰という部分もありますが、いま新たに掲げている目標はありますか?

 新たにというわけではないんですけど、以前からさいたまスーパーアリーナでワンマンをやりたいというのがあります。イベントでさいたまスーパーアリーナで何回か歌わせて頂いたことがあって、「このイベントがもし自分のワンマンだったらどんな世界になるんだろう?」と気になってしょうがなくて。ステージに立ったことがあるからこそ、凄く現実的でもあったので、想像した時に凄くやってみたいという思いが強くなりました。

――あとどれくらいで達成したい、というのはありますか?

 もう今すぐにでも出来るならやりたいです! そのためには私自身も頑張っていかなければダメなんですけど。来年はオリンピックもあるので、色々と日本自体が楽しくなっていくと思うので、自分の夢も叶えられたらいいなと思っています。

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。