反響を集める深田恭子の水着姿。「やっぱりサーフィンが好き」で始まる海への思いが反響を呼んだ(Instagramより@kyokofukada_official)

 女優の深田恭子(37)が自身はネガティブな性格であるものの、サーフィンをしているときはアクティブになれることを明かした。

【写真】「美しい」と話題になっている深田恭子がアップした2020年壁掛けカレンダー

 28日、インスタグラムを更新した深田。「やっぱりサーフィンが好き」と書き出すと「落ち込みやでネガティブな私が波に乗るとまるで別人の様に海の中だけ限定アクティブ?に少しでもなれてる気がします。いつもこんな自分でいられたらいいのにな」と明かした。

 その一方「でもなりたい自分てそもそもなんだろ。難しいですね」とも綴り、ハッシュタグをつけて「#皆様はこれをしたら別人にって」「#ありますか」「#なりたい自分てありますか」「#意外とこういう話お聞けないから」「#こっそり教えてください」と呼びかけた。

 あわせて、砂浜でサーフボードに手をかける水着姿の自身の写真を投稿した。この投稿は反響を呼び、「いいね!」は31万件を超えた。深田の呼びかけに応じ、自身の「別人になる方法」について回答しているファンも多かった。

この記事の写真

記事タグ