草なぎ剛が27日・28日、東京・昭和女子大学 人見記念講堂で『草なぎ剛のはっぴょう会』をおこなった。27日は奥田民生(ユニコーン)と和田唱(TRICERATOPS)、28日は田島貴男(ORIGINAL LOVE)と斉藤和義をゲストに招いて競演した。28日公演終了後には報道陣による囲み取材に応じ、この2日間を振り返った。

 28日公演では、田島と「月の裏で会いましょう」、斉藤と「ウサギとカメ」を披露した。また、アンコールでは3人で斉藤の「歩いて帰ろう」をパフォーマンス、観客を魅了した。

 公演を終えた草なぎは報道陣の囲み取材で「自分の中では新しい音楽の世界に飛び込んだかなと思います」とこの2日間の手応えを口にした。

 公演のステージは、ビンテージのジーンズやアメリカンバイクなど自前のアイテムで埋め尽くされていたが、アイテムの総額は「2億円ぐらい」だといい「ここに僕の人生が詰まっています」とも。

 ただ、搬入は一苦労があったようで「僕の私物なので、朝から搬入を手伝ったら重くて疲れちゃって、配置も全部自分で決めて、実は冷蔵庫も持ってきたんですけど、時間がなくて置けなくて…」と残念がった。

 ただ、自身でセッティングまでおこない完成させたステージセットに満足した様子で「『全部本物なんだよな』とずっと見ていられるんです。置いてあるものは全部本物で、作り物は一つもなくて。唯一偽物は僕の歌とギターだけなんです。それもあってライブをやる前から途方に暮れちゃって」とユーモアを交えて語った。

草なぎ剛(撮影=新保勇樹)

 草なぎはこのライブでギターの弾き語りも披露したが、田島貴男や斉藤和義らのプレイを目の当たりにして刺激を受けたようで「本物とはこういうものなんだと、一番近くで感じることが出来たので、それが僕の中で血となり肉となり、皆さんに届けられるように生まれ変われたらと思います」と意気込んだ。

 そのギターについては毎日触れているものの、ギターを始めてから7年が経った今も、難しいとされる「Fコード」が押さえられないといい「7年経ってもFが弾けないことに怒りがあるんです。その怒りをパワーに変えてロックしたいと思います」とも。この日の公演の課題も「F」をしっかり押さえることだったという。

草なぎ剛、田島貴男(撮影=新保勇樹)

草なぎ剛、斉藤和義(撮影=新保勇樹)

 だが、27日公演では観客の手拍子につられてしまったことで「僕のギターが下手くそになってしまって」と自省。ただそれに気が付いた観客が気を使い手拍子をやめたそうだ。

 また「こっちの方が向いているんでしょうね」という作曲については「言葉遊びが好きなんでしょうね。メロディにはまる言葉が自然と浮かんできて。遊びながら作っている感じです」と語っていた。

記事タグ