マリエがカバーを飾る「KiNARI」vol.21

 デザイナーでモデルのマリエが、11月27日発売のファッションカルチャー誌『KiNARI』vol.21の表紙に登場。女性が同誌の表紙を飾るのは今回が初めてだという。

 モデルとして芸能界デビューしたのち、そのキャラクターが愛され、テレビなどに引っ張りだこに。しかし、多忙を極めた芸能活動の一線から退き、今ではオリジナルブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS」を手がけるデザイナーへと転身した。

 本誌では、その経緯と想いに迫っている。

マリエ

 ◆マリエ モデル・タレントとして活躍したのち、ファッシ ョンを基礎から学ぶべく、ニューヨークの名門、パーソンズ・スクール・オブ・デザインへ留学。 2017年、自らのブランド、<パスカル マリエ デマレ>を立ち上げた。ものづくりにおけるサスティナビリティを意識し、生産から販売のあり方までも新しくデザインし直したいと、試行錯誤を繰り返している。 J-WAVE「 SEASONS」ナビゲーター(毎週土曜日 12:00 15:00生放送)レギュラー出演中。

KiNARI 最新号

雑誌名:KiNARI/キナリ
発売日:2019年11月27日(水)
号 数:vol.21
特 集:Only Style / オンリースタイル
仕 様:オールカラー148ページ、A4正寸左綴じ

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)