竹内まりやが、今年大みそかに放送される『第70回NHK紅白歌合戦』に初出場することが決まった。

 歌うのは「いのちの歌」。2008年のNHK連続テレビ小説『だんだん』で、主演の三倉茉奈・三倉佳奈が劇中歌として初披露した曲。2012年には自身がセルフカバーしている。

 その歌詞は、曲の発表から10年が経った今、再び脚光を浴びている。

 家族や友人、そしてもう会えなくなってしまった大切な人たちに「出会えた喜び」と、「命への感謝」を歌った歌詞は、“道徳”の教科書に掲載。また、卒業式などさまざまなイベントで歌われており、“世代をつないでいく大切な歌”として幅広い世代に浸透しているという。

 紅白の公式サイトでは、この「いのちの歌」にまつわるエピソード、そして写真を募集。「卒業式で、大切な同級生と一緒に合唱したこと」「ラジオから流れるこの歌に、遠く離れた懐かしい故郷を思い出したこと」「お腹の中にいた生まれてくる子供に口ずさんだこと」「今は亡き大好きなおばあちゃんを思い出したこと」など。どんな場所で、どんな人と、どんな想いをこの歌に託しているのかを募る。

 令和最初の紅白で、視聴者から寄せられたエピソードや写真と、竹内まりやが歌う「いのちの歌」が、人々の“思い”をつなぐ。

竹内まりや、コメント

 デビュー40周年のNHK特番「Music & Life」を制作・演出して下さった誠意ある番組スタッフの方々から、大変熱心なお声掛けと温かい励ましを受け、この度、令和初の紅白に出場させていただく運びとなりました。

 これまで私を支えて下さったファンの皆様、そして、新しい時代を一緒に歩いてゆく全国の皆様に向けて、深い感謝と共に心をこめて歌いたいと思います。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)