水木英昭、山本一慶、テジュ、山田邦子

 山本一慶、水木英昭、テジュ、山田邦子が16日、東京・新宿の紀伊國屋ホールで、舞台『蘇州夜曲』(11月17日~11月24日、紀伊國屋ホール)公開ゲネプロ並びに囲み取材に応じた。

 大都会東京のある繁華街を舞台に裏社会の男たちとそれを取り巻く人々の生き様を描いた物語。義理と人情が無くなった街に失望した氷村玲司がかつての兄弟分と行動を共にする中で交差する人間模様を通して人の生き様、義理、人情を描く。1999年に初演され、今回で5度目の再演となる。

 組織抗争のなかで鉄砲玉として動き、5年ぶりに表舞台に戻った氷村玲司をかつて演じた水木は今回、氷村の兄貴分で組長の郷田を演じる。「20年の時を経て組長になりました」と挨拶。その氷村を今回演じる山本は「全力を尽くしたい」と意気込んだ。

 過去に山本崇史(PaniCrew)や青柳塁斗、村田充が務めてきた、バーの謎のマスター健人を演じるテジュは「歴史のある作品に出演させて頂き嬉しく思います。本番までにちゃんとできるようにしたい」と気持ちを新たにした。

 関口満紀枝とのWキャストでフェラーリ役を演じ、今回特別出演となる山田邦子は「私は息抜きポイントとして見てくれたら。時事ネタなどものまねなどをさせて頂きます。毎日変化をつけてリラックスしてもらえたら」と自身の役割を紹介した。

 水木プロデュースとしては今年15周年を迎える。節目の年に本作を選んだ理由を聞かれた水木は本作で構成、演出、脚本を一手に担う。「舞台の設定は裏社会でヒューマンコメディ。普遍的なものをやりたいと思った。原点に振り返った心境で気持ちを新たにしたい」。

 本作にはアクションなどもあるが、そのハードな立ち回りゆえに、水木は左足ふくらはぎを肉離れし、さらに脇腹横隔膜剥離も負ったという。全治約3週間でサポーターは付けずに痛み止めを飲んで本番を乗り切るという。

 また、任侠作品は今作が初めてという山本は「僕が演じた玲司というのはどういう人間だったのか、水木さんともお話したときに良いアドバイスを頂いて、自分のなかでも刺激を受けましたし、生き様をダイレクトに届けられたら」と意気込み。更に「新しい自分が見せられる、新しい挑戦ができるんじゃないかというドキドキワクワクがあります」と期待を膨らませた。

 そんな山本を山田は「すごくかっこいいですよ。素直な真っすぐな男として出来上がっている」と絶賛した。

 一方のテジュは水木作品への参加は本作が初めて。焼肉屋でスカウトしたと語った水木はその才能を絶賛。「彼は真面目で役者の姿としても凛として素晴らしい逸材。コンテンポラリーダンスもできる」と太鼓判を押すと、山田も「私は初対面ですがとってもファンになりました。すごく魅力的な方です」と称えた。

 デジュはもともとこの作品のファンで「猛アピールしました」という。出演が決まった瞬間は「すごく嬉しかったです」と大喜びだったそうだ。関係者の話によれば、当初は端役だったものの熱心さや誠実さなどに好印象を抱いた水木が今回の役に抜擢したという。

 最後に水木は本作の見どころとして「僕は作り手でもあるので、若者たちが音楽を一切を使わずに仁義を切るシーンがある。中盤のクライマックス。なかなか見たことがないパフォーマンスなので注目してほしい」と語った。【木村武雄】

この記事の写真

記事タグ