橋本マナミ

 玉城ティナ、橋本マナミ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富が16日、都内でおこなわれた映画『地獄少女』(白石晃士監督)公開記念舞台挨拶に登壇。橋本マナミは歌唱シーンや濃厚キスシーンがカットになったことを明かし、嘆いた。

【写真】セクシー朗読に挑む橋本マナミ

 本作は、わたなべひろし氏の原案をもとにテレビアニメなどにもなった人気アニメシリーズの映画化。『貞子vs伽椰子』『不能犯』などを手掛けた白石晃士監督がメガホンをとった。午前0時にだけ開くサイト「地獄通信」に怨みを持つ相手の名前を入力すると地獄少女・閻魔あいが地獄送りにしてくれる都市伝説をもとに人間の本性を描いた。

橋本マナミ

橋本マナミ

 玉城演じる閻魔あいに付き従う「三藁」の一人、骨女を演じた橋本マナミは、顔の半分を骨に見せるために特殊メイクして臨んだ。

 人気作品、人気キャラクターを演じるにあたってはプレッシャーもあったという橋本。一部で「骨女は橋本で大丈夫か?」という声が上がっていたと明かし、それを監督に伝えたところ「大丈夫、期待を裏切らないから」と言われ安堵したよう。前日に公開を迎えたが「1日が経ってまだ批判はないので安心している」と笑顔を見せた。

 話題は撮影の裏側に。橋本の骨女、楽駆が演じた一目連、麿赤児が演じた輪入道の「三藁」は、アーティストの魔鬼(藤田富)が開いたボーカルオーディションに参加していたシーンを挙げ、「実は歌うシーンもあったけどカット。麿さんが良い声で気合入れて歌っていたのに全カットで…」とすると、監督は「ファニーになりすぎるなと思って…」とその理由を明かすも「私もボイトレを付けてもらって臨んでいたのに…」と悔しがった。

橋本マナミ

橋本マナミ

 そんな橋本。「もう一つ…」とし「濃厚なキスシーンもあって、頑張ってやったけど、それもカット…」と嘆き。監督は「その直後のシーンは使っているけど、メロメロは…」と釈明。ただそうしたシーンを含めてのDVD化を期待する声が上がると前向きな様子を見せていた。

この記事の写真
橋本マナミ
橋本マナミ

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)