峯岸みなみ

 AKB48の峯岸みなみ(27)が15日放送の関西テレビ『快傑えみちゃんねる』に出演。AKB48現役メンバーで一人だけの1期生となり、“卒業”について悩んでいることを告白。さらに、人間関係の悩みも打ち明けるとMCの上沼恵美子から強烈な叱咤を受けた。

【写真】ウエディング姿を披露した峯岸みなみ

 この日の放送が初登場だった峯岸。AKB481期生で唯一の現役メンバーとなる中、「メンバーもけっこう、詰まってるんですよ。“卒業待ち”みたいなのがあって」とし、「中学生と同じステージに立ったりしてる」と悩みを抱えていることを語った。

 さらに、「ファンの方から“まだいるの?”みたいな空気も感じつつ、どうしたらいいかなって今…」と“卒業”についての心境を打ち明け、「アイドルのファンの方は若い方がときめくんじゃないですかね」と続けた。

 握手会の売上も伸び悩んでいるという峯岸。若い人気メンバーの横になった際、「ちょっとヒマになると横に並んでいるファンの方から“ヒマそうだね~”って話しかけられたり」と心を痛めることも少なくないようだ。

 悩み過ぎたことで占いに出かけ、「“男の人の霊が私を邪魔してる”って言われて、除霊に行ってきたんです」と報告する峯岸。そこは「取り放題2万円」で除霊してくれるところだったと伝えると、スタジオからは悩みの解消法として間違っていると諭された。

 峯岸は女優の仁支川峰子に「何を道しるべに生きていけばいいですかね」と相談。仁支川は「自分の心に素直に生きればいいと思う」と人生の先輩としてアドバイスを送った。

 また、峯岸は自身が気になる男性を別の女友達に紹介し、自身の知らないところで2人が会っていたことがあったことを語ったが、上沼は「幸せは自分で掴まなあかんねんで。与えてる場合じゃないわ」などと一喝。

 さらに、「見返してやりなさい。今の若い48を」と上沼。峯岸はうなずきつつも「仲間なんですけどね」と応じると、上沼は「“仲間なんですけど”っていうのもいらんねん!」「向こうは思ってないねん」などと峯岸を叱咤していた。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ