木下晴香、葵わかな(撮影=平吉賢治)

 葵わかな、木下晴香らが12日、都内でミュージカル『アナスタシア』製作発表会見に臨んだ。この日はWキャストでアーニャ役を務める2人のほか、海宝直人、相葉裕樹、内海啓貴、山本耕史、堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、麻実れいが出席した。

 本作は、第70回アカデミー賞で歌曲賞、作曲賞にノミネートされたアニメ映画『アナスタシア』に着想を得て制作されたミュージカル。舞台は1918年、帝政ロシア時代の最後の皇帝・ロマノフ2世およびその一族が殺害されたというニュースが溢れるなか、皇帝の末娘・アナスタシアだけは難を逃れ生き続けたという歴史上の謎「アナスタシア伝説」にもとづく物語。記憶をなくした主人公・アーニャが自分の過去を取り戻し、愛する家族と自分の心の帰る場所を見つける旅路を描く。

葵わかな、木下晴香らキャスト(撮影=平吉賢治)

葵わかな、木下晴香らキャスト(撮影=平吉賢治)

 W主演となる葵わかな、木下晴香はアーニャ役を演じる。またアーニャに出会い、ともに旅をする若い詐欺師・ディミトリ役は海宝直人、相葉裕樹、内海啓貴。ルシェビキの将官・グレブ役は山本耕史、堂珍嘉邦、そして孫娘アナスタシアを探し続けるマリア皇太后役の麻実れいが担当する。

 8人のメインキャストが揃ったこの日、まずは海宝、相葉、内海が劇中歌「My Petersburg」を歌った。続けて、葵と木下が伸びやかな歌声で「Journey to the Past」を披露した。

木下晴香、葵わかな(撮影=平吉賢治)

木下晴香、葵わかな(撮影=平吉賢治)

 葵は「初めて上映されるお話に携われることが本当に光栄と思いました。アーニャという役が凄く自分自身に共感できる部分があって、それでいて強い女性。現代は働く女性も多いですし、この強い女性像というのにみなさんに共感を持って頂けると思います。演じるのを楽しみにしています。精一杯務めます」と意気込み。

 木下は「オーディションの時からチームのみなさん、スタッフのみなさんの熱い想いを感じていて、これから物語を一緒に作っていくことが凄く楽しみです。先輩方に支えて頂きながら、しっかりとアーニャを務められるように頑張っていきたいと思います」と気持ちを新たにした。

葵わかな(撮影=平吉賢治)

葵わかな(撮影=平吉賢治)

 質疑応答では「Wキャスト、トリプルキャストという点が本作の魅力のひとつ、それぞれの相方の印象は?」という質問が投げかけられた。

 葵は「デビューの時に側でずっと切磋琢磨し合っていた晴ちゃんがいるというのは凄く…さっきも出る前に凄く緊張していたんですけど、晴ちゃんの顔を見たら『やってやろう!』みたいな良い風にプラスにできたので、そういう面では本当に親友でもあり、同志でもあり、ライバルでもある本当に良い関係です」と笑み。

 木下は「切磋琢磨できるのはこういうことなんだなと常に感じられるくらいです。プライベートでもよく会うんですけど、気も合うし何でも話せて。今回のWキャストがわかなちゃんと知った時は凄く安心したし、ホッとしました。真ん中を経験されているので、凄く作品の全体のことを考えられる人だなと凄く思っています。私も初めて主演を務めさせて頂くので、そういう部分でも凄く心強いなと思っています」と述べた。

木下晴香(撮影=平吉賢治)

木下晴香(撮影=平吉賢治)

 その後の囲み取材で、作品の魅力と意気込みを聞かれた葵は、「アーニャという女の子は苦境に立たされるんですけど、そのなかで夢と希望を忘れずに、色んな周りの人の手を借りながら旅に出て行くという話で、凄く力強いお話になっていて、観た方の背中を押せるような話になっているところがひとつの魅力と感じています。日本初演ということですし、日本のお客さまに素敵な『アナスタシア』をお見せできるように精一杯務めていきたいと思っています」と、述べた。

 木下は「初めてこの『アナスタシア』の楽曲を聴いた時に凄く感動して、曲の壮大さだったり持っているエネルギーを凄く感じたことをとてもよく覚えています。楽しいエンターテインメント的な曲もあれば、壮大でロマンチックな曲もあって色んな楽曲が含まれているのが魅力」。役を演じるにあたっては「楽曲に向き合うなかでも色んな課題が見えてきて、今後もどんどん色んな壁に出会うんだろうなとは思っているんですけど、アーニャとそんな部分は重ねながら力強く一緒に切磋琢磨しながら精一杯みなさんに自信を持ってお届けできるように頑張っていきたいと思います」と、意気込みを伝えた。

 会見では、本作の生みの親である脚本家のテレンス・マクナリー、作曲家のステファン・フラハティ、作詞家のリン・アレンスらからのメッセージがスクリーンに映し出された。【平吉賢治】

記事タグ