prediaに対する想いを再認識出来た

「シャララ・ナイアガラ」TYPE-C

――さて、「シャララ・ナイアガラ」は皆さんはどのような印象でしたか。

沢口けいこ 今回も楽曲会議に参加させて頂いて、沢山の曲を聴いた中で、一番耳に残っていたのがこの曲でした。なので、みんなからもこの曲だよね、といった感じで。キャッチーなメロディとprediaらしいサウンドのカッコ良さがある楽曲だなと思いました。そこに攻撃的な部分だったり、大人アイドルとしての良いバランスが詰まった曲になりました。

――歌のポイントはどこにありますか。

湊あかね 細かいところよりも、自分の個性を大事にして歌っているところだと思います。なので、皆さんがカラオケで歌う場合も自分の個性で歌ってもらえれば良いと思います。

――個性といえば<やれギブミー a Paradice〜>のところが小悪魔っぽい感じで、楽曲のアクセントにもなっていて良いですね。

沢口けいこ ありがとうございます! このパートは瑠美奈も気に入ってくれています。いつものレコーディングはどちらかというとカッコいい、大人っぽい歌い方で歌うことが多かったんです。それを個人で練習してきて採用してもらえたら嬉しいなといった感じなんですけど、今回(レコーディング)ブースに入って練習してきたものを歌ったら「それでは採用は出来ない、もっと個性が欲しい」と言われてしまいました…。

――いつもとは違ったレコーディングだったんですね。

沢口けいこ そうなんです。それもあって、それぞれの個性を出して勝負していこうといったレコーディングだったんです。自分にないもので無理やっても嘘っぽくなってしまうので、あくまでも自分の持っているもので個性を出そうと考えて、今回のような形になりました。

――試行錯誤されたパートだったんですね。歌詞に<Panic night>とありますが、皆さん最近パニックになった事は?

まえだゆう 最近というか、私は常にパニックなんです(笑)。それこそ6人になった事で曲の振り付けが変わったので、それでもパニックで。

水野まい ちゃん(まえだゆう)は良くパニックになっています(笑)。私は急に喋らなければいけないといった時にパニックになります。6人になったので、ステージで急にしゃべる場面が増えまして。今はだいぶ慣れてきたんですけど、最初の頃は心臓が飛び出るぐらいパニックでした(笑)。

水野まい

――振り付けの直しが大変とのことですが、新メンバー加入の件は今どんな感じなんですか。

桜子 進んでいます。一応、候補の方達に何人かあったりしているので、まだわからないんですけど、何かしらのお知らせはこれから出来るんじゃないかなと思っています。

桜子

村上瑠美奈 prediaを好きで応募してくれる人たちがいるというのはすごく嬉しいです。

――新しいメンバーに求める事ってありますか。

村上瑠美奈 好きという気持ちを持ってもらえるのはもちろんなんですけど、やっぱり会って見た時にフィーリングが合うかどうか、というのが大きいかなと思っています。

――そこは確かに重要ですよね。今の6人はフィーリングも意志の疎通もバッチリですよね?

沢口けいこ 大体みんなが何を考えているのかわかります。会わなくても明日、らちょ(桜子)はこんな感じで来るんだろうなとか(笑)。あと、ステージで誰々が間違えそうだなと思っていたところを本当に間違えたりとか、行動が何となく読めるんです。

まえだゆう 最近は私が振り付けをお客さんにレクチャーするんですけど、その時もお客さんにも意志の疎通が出来ているんじゃないかなと感じる時もあるんです。

――絆ですね。最後にツアーファイナルに向けての意気込みをお願いします。

沢口けいこ 今のprediaはすごく良い状態だと思っています。新体制になってそれぞれが覚悟を持って大人アイドルを続けていると感じています。今回「My Story」をいただけた事でグループへの愛情が深まった、prediaに対する想いを再認識出来たと思っていて、ファンの方たちとの絆も深まっているのを感じています。ツアーファイナルに向けてすごく良い感じなので、ステージでは色んな私たちの一面が見れると思うので、11月24日のワンマンを観に来てもらえたら嬉しいです。

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。