ガブリエル、マッケンジー、アーノルド、リンダ、ナタリア

 アーノルド・シュワルツェネッガー(72)、リンダ・ハミルトン(63)、マッケンジー・デイヴィス(32)、ナタリア・レイエス(32)、ガブリエル・ルナ、ディエゴ・ボネータ(36)が5日、都内で映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』(8日公開)来日記者会見に臨んだ。

 本作は『ターミネーター2』の正統な続編。一度は回避したと思われた人類滅亡の日“審判の日”だが、その危機はまだ終わってはいなかった。人類の命運を握る少女ダニー(ナタリア)を守る謎の戦士グレース(マッケンジー)と、少女の命を狙う凶悪に進化を遂げた最新型ターミネーターREV-9(ガブリエル)との壮絶な攻防。そして彼らの前に現れる、サラ・コナー(リンダ)とT-800(アーノルド)。人類と地球の未来をかけた壮絶な戦いの火ぶたが、再び切って落とされる。

 『ターミネーター』の生みの親でありながら、シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』以降、シリーズへの直接的な関与がなかったジェームズ・キャメロンが製作に復帰。更に『デッドプール』の大ヒットで知られるティム・ミラーがメガホンをとる。

 この作品から新たに加わったマッケンジー・デイヴィス(グレース)、ナタリア・レイエス(ダニー)、ガブリエル・ルナ、ディエゴ・ボネータ(REV-9)。三者とも「来日が楽しみだった」と語り、それぞれの思いを述べた。

――冒頭の挨拶。

マッケンジー 一生この瞬間を待ち望んでいた。日本に一度来てみたかった。とてもワクワクしている。これらの方々と皆さんとお会いできて嬉しい。美しい日本を知りたいと思います。

ナタリア 本当にワクワクして来ている、それは皆さんに想像できないぐらいワクワク。やっとこの作品を紹介できる機会がきて嬉しい。心を込めて作った。東京に滞在できるので、楽しみ。日本食大好き。伝説的なレジェンドの皆さんと日本に来れて嬉しい。

ガブリエル 日本にこの作品を携えてきたこと嬉しい。一番行きたかった国のリストの一番上にあった。それのみならず、日本ならではの文化的な要素やあるテクニックを今回の演技に応用している。

マッケンジー

――本作に参加できた気持ちは?

ガブリエル 新しいメンバーの一員でいれるのは一生の夢がかなった。小さい頃から大ファン。バンド・ジャーニーのボーカルがいなくなり、コンベンションでシンガーを探した時に、ジャーニーのファンがリードシンガーになったことがある。自分にも同じような気持ちがあって、「あついファンだから『ターミネータ』をやらせてみては?」と言われたような気がして。嘘みたいだし、嬉しい。そして、アーノルドさんとリンダさんの友情をこの目で目撃できたこと、彼らの素晴らしい仕事ぶりを見ているだけで学びになった。素晴らしい体験でした。

マッケンジー ガブリエルさんと同感。このシリーズに参加できたことは喜びの一言に尽きる。アーノルドさんとリンダさんが育んできた歴史を継承していく映画。そうした作品に彼らと共演できたことが素晴らしい体験。サラ・コナーの強い、いつまでも残っていく、時間と戦い続ける女性像にいつも感銘を受けていた。この物語に参加できたのは喜び。それとティム・ミラー監督の作品に参加できたのは嬉しい。彼らはビジュアル面、例えばVFX、SFX、スタントワークに才能がある方。同時にキャラクターを見て映画を作っている。T1とT2はキャラクターの精度を特別にしていた。それをテンプレートにして作品を作った。

ナタリア 参加できたのはギフトでとても光栄。世界的に有名な大きなシリーズで、故郷からな遠く離れたこの地でも愛されている。非常に大切な物語であり現代にも通じるような有意義な伝説的な作品に参加できて光栄。素晴らしいキャストと共演できた。アーノルドさんとリンダさんという伝説な2人、伝説な役柄の裏にある人間に直接会えました。彼らの自己抑制の高さ、そして自分達のパワーを意識する高さ、それをより良いことに使おうとする意識の高さにも感銘。ラテン系の人間として代表としてこのシリーズに参加しているのは責任を感じている。多様性、ハリウッド映画も変わってきている。色んな人に入る余地があることを示している。

ガブリエル

――アクションで苦労した点、印象深いシーンは?

ガブリエル サラ・コーナーとT800が自分(REV-9)に向かってグレネードランチャーなどの火器で撃ちまくるシーンを撮った。それが私の映画作りのキャリアの中でこれがもっと素晴らしいシーンだと思った。このシーンでは、2人はヘリに向かって撃っている設定。スタジオ内にヘリがあったわけでもなく、私は(撃っているときの)目線合わせというかオフカメラの位置で撮影していた。自分自身はスクリーンに映ってはいないが、自分のおもちゃ箱にアクションフィギュアとして存在したお二方が、銃口越しに自分を観ているところはワクワクした。

マッケンジー 自分にとっては初めてのアクション映画。聞くくところによると、通常のアクションよりもアクションが多い。キャラクターとして操縦したり飛ばしたりした乗り物の種類も多いみたい(笑)。南スペインでトラックに乗っている私たちを、ガブリエル扮するREV-9が追っかけてくるシーンがあって、ついにサラ・コナーが登場する。そのシーンに私は映画のなかにいて、そして彼女がいて…すごい体験をした。それと「ORIGIN」というショットガンをもってREV-9の顔に撃ち込んでいる姿が自然とすごくてワクワクしました。

ナタリア 全て私にとってチャレンジ。アクション映画は慣れていないもので全然違う言語を学ぶような感じでとても大変だった。特にブダペストで水中のシーンを撮っていて。1カ月から1カ月半、朝6時から夜6時までの12時間、ずっと水の中で撮影していて。最後の撮影の夜で、私は疲労困憊していて死ぬかもしれないぐらい。でもリンダさんは「さあ、行くわよ!」と元気。皆さんにインスピレーションを与えていて信じられない。

ナタリア

記事タグ