染谷将太、戸田恵梨香、斉藤由貴、永瀬正敏、森七菜、楽駆、常盤司郎監督

 日本映画界を代表する豪華俳優陣が家族を演じる映画『最初の晩餐』が11月1日より、ついに全国公開。その公開記念舞台挨拶が行われ、主演の染谷将太、共演の戸田恵梨香、斉藤由貴、永瀬正敏、森七菜、楽駆、そして常盤司郎監督が参加した。

 企画スタートから7年の月日を経ての完成に常盤監督は「少ない人数で荒れ地を耕していたけれど、大勢の人の助けを借りてこの日を迎えることができました。かなり感動してます」と感激し「こっそり観に行った劇場が満席で…。ウルっときました」と早くも手応えを得ていた。

 主人公・東麟太郎役の染谷は、子役たちの演技に「最高でした。僕は本当に回想パートの空気感が好きで、自分がやりたかったなと思うくらいに楽しそうで。大人になってからの麟太郎は葛藤を抱える設定だったので、なんて楽しそうなんだと…」と羨ましそう。

 麟太郎の姉・美也子役の戸田は、自身の子供時代を演じた森について「なんてキラキラしているのかと羨ましくなったのと同時に、七菜ちゃんがどうしてこんなに綺麗なのかと。なんで私はこんなに声が低いのかと驚愕しました。生き生きと輝いていて、私はこんな10代を生きれていたのか? と思うくらい素敵でした」と自虐を交えて絶賛していた。

 その森は「ありがとうございました」と恐縮しながら「大人のパートを観たときに、キラキラした子供時代のパートが切なく感じて…。でも素敵な作品を様々な目線で観ることができたのも貴重な経験でした」とシミジミ。

 窪塚洋介扮する東シュンの青年時代を演じた楽駆は「本読みの際に2人だけでお会いして、僕はこの人になるんだ…と感慨深かった。大人のシュンの登場シーンを観たら、もう、圧巻。鳥肌と同時に涙が出てきて。本当に素敵でした」と窪塚との共演を喜んでいた。

 姉弟の義理の母・アキコ役の斉藤は、子役との撮影を振り返り「撮影中は緊張した空気が漂うけれど、美味しい食べ物が出てくると、子供たちが役をはみ出してはしゃぐ感じがあって、それが見ていて微笑ましかった。幸せな気持ちになる撮影で、それが画面にも表れています」と見どころに挙げた。

 東家の父・日登志役の永瀬は「登山シーンは緩いハイキングコース程度かと思ったら、断崖絶壁で…。でも一緒に登った楽駆は運動神経がいいのでどんどん行く」と苦笑い。小学生時代から高校時代までの美也子を演じた森については「その変わり目が自然で驚きました」と芸達者ぶりに目を見張っていた。

 また映画の内容にちなんで「最後に誰と何を食べたいか?」との質問に染谷は「家族と寿司」といい「寿司は特別な時に食べることが多い。子供の頃からスーパーに行くと寿司をおやつ代わりに買うくらい好き。人生最後の一貫は巻物かな…いや、たまご?!」とニッコリ。一方の戸田は「家族と鍋」で「劇中に家族と一緒にすき焼きを食べるシーンがあるし、家族で一つのものを食べるって素敵。それが大事だとこの映画を観て思いました」と食卓を囲む重要性を口にしていた。

 斉藤はフリップに桃の絵を書いて「桃です。お味噌汁にするとこの世に未練が残ってしまいそうで。だから大切な人と一緒ではなくて、一人でさっぱりした美味しいものを食べて、後味を失くして一人で…と思う」と告白。永瀬は「南九州のソウルフードである、ガネです。みなさん知らないでしょ?ネットで調べて」とニヤリ。森は「家族と手巻き寿司」、楽駆は「母が作ってくれたおにぎりを一人で山で食べて死ぬ」、常盤監督は「『最初の晩餐』のフルコースでしょ!」と映画にかけて答えた。

 最後に主演の染谷は「家族を描いた映画は数あるけれど、ここまで素敵で正直な映画はありません。パズルのピースは合うけれど、揃った景色は真っ白。そこにどんなものを見るかはその人次第。色々な人にこの映画のことを伝えてほしい」と大ヒットを祈願した。

 『死ぬまでにしたい10のこと』『エンディングノート』『おみおくりの作法』など終活、生き方への注目が集まる中、唯一無二の味で家族をおみおくりする、新たな物語が誕生。日本映画界珠玉の実力派が織りなす、静かながら胸を震わせる家族の物語。この秋最も注目の1作『最初の晩餐』は、大ヒット上映中。

記事タグ