知英、草川拓弥、金子大地、りゅうちぇる、宮脇亮監督が1日、都内でおこなわれた、映画『どすこい!すけひら』公開記念舞台挨拶に登壇。撮影現場での裏話などを語った。また、この日はサプライズゲストとして草川が所属するグループ「超特急」のリョウガ、ユーキも登場した。

 映画は、たむら純子氏の同名人気漫画が原作。事故に巻き込まれ「ナイスボディ」になった元ぽっちゃり体形の助平綾音(知英)とアイドル・湊拓巳(草川拓弥)との恋愛模様を描く。知英は体重100キロに見せるために特殊メークで撮影に挑んだ。

 主人公・綾音役を演じた知英は「今日は一番ドキドキする日だし、嬉しい日だと思うのですが、私たちが今まで作品が決まって台本ができて撮影して編集してできあがって、そこまでは監督だったり私たちのものだったのですが、ここからはもうお客様のものですので、この日が来てくれて本当にうれしいです」と公開を迎えた想いを述べた。

 また拓巳役の草川は現場の雰囲気について「近すぎず遠すぎず、良い距離感でみんな芝居したりしてました。知英さんとは沢山一緒のシーンがあったのですが金子さんとは沢山あったわけではなかったから、僕が人見知りなところがあるからどうしよう、どう声かけようかなというのはありましたけど」と述べると、金子は「おっしゃる通りだと思います。しっかり話したのは打ち上げの時ぐらいですね」と明かし、笑いを誘った。

 綾音の親友フレッド役を演じたりゅうちぇるは「フレッドミラーが僕っぽくて、超やりやすかった。演技行けるんだ、みたいな? でもフレッドミラーだからいけたんだと思います」と話し「今日はフレッドミラーを意識して、ほんとはこういうスカーフ、フレッドミっぽいやつ。あんまりつけないんですけど、キラキラしてるものもつけてみて、可愛いくない? うける~」と続けた。

 本作の主題歌には超特急「DON’T STOP恋」が起用されている。草川は「この場を借りまして、キャストのみなさん、監督にお礼が言いたいなと思いまして。映画に出演させていただいたのと同時に主題歌も担当させていただいたのですけれども、出ている映画の主題歌をやるのが僕の一つの夢だったので、本当に光栄でした」と喜んだ。

 そして「今日はとりあえず助っ人呼んでます!」と急に雰囲気が一変すると超特急のリョウガとユーキが登場。会場からは大歓声が起こった。「僕たちは助っ人として何をしに? 若干服に色味を持たしたぐらいですからね…」と冗談を交えながら会場を盛り上げた。

 主題歌に込めた想いを聞かれると「奇抜というか、カオスというか、一曲の中で目まぐるしい変化があるので、パフォーマンスもそれこそジェットコースターのようなものになってますので、作品もこの曲も盛り上げていって、沢山の方に観ていただきたいです」と話した。

 その後、超特急より花束が贈呈。すると「すご~い! なんか得しましたね、花束もらった舞台挨拶なんて初めてです」と言いながら「草川さんがメンバーといるところは初めて見たので、一緒にいるとたん、テンションがすごく高くて、やっぱりいいな~と思いました」と草川をいじる場面も。

 最後に知英は「本当に楽しい舞台挨拶になってワクワクしてきました。このあとももっともとと沢山の方に観ていただけるように、私も頑張っていきますので、この映画をどうぞよろしくお願いいたします」と呼びかけた。

記事タグ