荒谷翔大(Vo)、田中慧(Ba)、斉藤雄哉(Gt)、野元喬文(Dr)による福岡出身の4ピースバンドyonawo(ヨナヲ)が11月15日に、配信限定リリースされる新曲「ミルクチョコ」でワーナーミュージック・ジャパン内Atlantic Japanよりメジャーデビューする事が決定した。

「ミルクチョコ」ジャケ写

2018年に自主制作した2枚のEP『ijo』、『SHRIMP』はCDパッケージが入荷即完売。地元のカレッジチャートにもランクインし、早耳リスナーの間で謎の新アーティストとして話題になっていたyonawo。2019年からはライブ活動も本格化させ、デビュー前にも関わらず「Local Green Festival」や「Sunset Live」等、多数の野外フェスにも出演し、全国各地で多くの観客の注目を集めた。

 そして今回のメジャーデビューシングル「ミルクチョコ」のリリース発表に合わせ、翌月12月にも配信限定シングルとして「Mademoiselle」をリリースすることも決定。新曲「ミルクチョコ」は本日11月1日(金)24時よりiTunes Storeでの予約注文もスタート。

 さらに11月29日(金)には恵比寿KATAにて「"ミルクチョコ" Release Party」の開催も決定。本公演は招待制の入場無料イベントになっており、yonawoとしては福岡以外で開催する初の主催イベントとなる。詳細はワーナーミュージック・ジャパンHP内のyonawoアーティストページをチェック。

 今回のリリース発表に合わせ、新曲「ミルクチョコ」のジャケット画像、ティザー映像、そして新アーティスト写真も公開。ティザー映像はジャケットを手掛けたメンバーの野元喬文(Dr)が実際にジャケット画像を描き上げる過程を映像にした貴重な作品となっている。

台湾公演フライヤー

 そして12月15日(日)には初となる海外公演も決定。台湾・THE WALLにて「NABOWAとyonawo」と銘打った、2マンライブを開催する。貴重な本公演のチケットは11月1日(金)20時より販売もスタートしている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)