元KARAのニコルが10月2日、シングルCD「Champions(Prpd.by Tom&Jame)」をリリース。昨年末から充電期間を経て、日本での活動も活発になってきたニコル。今年は6公演ライブをおこない盛況のうちに終了。約3年振りとなるシングルは7月に配信リリースされたニコル初のバラード「Promise」を含む2曲を収録した。インタビューでは、ニコルの新境地となったEDMチューンの「Champions(Prpd.by Tom&Jame)」の制作についてや、MV撮影でのエピソード、シンガーとしてのこれから目指すスタイルなどニコルのこれからに迫った。【取材・撮影=村上順一】

チャレンジだった全英詞

ニコル

――最近テレビにも出演されていましたが、周りからの反応はいかがですか。

 皆さんが楽しんでくれたみたいで嬉しいです。日本語が思っていたより上手だったと言ってもらえたり、面白いとも言ってもらえたんですけど、自分では全然面白いとは思っていなくて…。

――おそらくイメージとのギャップがあったんじゃないかなと思います。コンビニのイートインで食事をする事もあるとのことですが、まわりにニコルさんだと気付かれたりしませんか。

 当時は髪の毛がピンク色だったので、意外と大丈夫でした。今のブラウンに戻してからは、街で声を掛けられるようになってしまったんですけど(笑)。この前も日本の飲み屋街を歩いていたら、いきなり後ろから「ニコル~!」と呼ばれて。それを聞いてこの世界に戻ってきたんだなと実感しました(笑)。

――確かにピンク色の時は、ニコルさんのイメージにはなかったですから、今の色の方が馴染みがありますよね。今後やってみたい髪のカラーはありますか。

 前に2週間だけレッドにしたんですけど、またピンクはやってみたいと思っていて、そこにラベンダー色を入れてグラデーションさせてみたいなと思っています。

――さて、10月2日に久しぶりのシングルとなる「Champions(Prpd.by Tom&Jame)」がリリースされましたけど、EDMサウンドで、ニコルさんの楽曲として今までにない感じに仕上がりましたね。

 こういったサウンドに興味が出たきっかけは、ザ・チェインスモーカーズなんです。ZEDDとかアヴィーチーの「Lonely Together」とか聴いて「私もこういうの歌ってみたい」と思いました。それもあってこの曲を聴いた時に、絶対歌いたいと思いました。

――オランダのDJデュオ、TOM&JAMEによるプロデュースですが、彼らはニコルさんのリクエストで?

 いえ、以前一緒にコラボさせていただいた、DJプロデューサーからの紹介でした。この曲が私の声にピッタリだと話してくれて。その方はTOM&JAMEとコラボもいっぱいしているので、今回の曲に繋がりました。

――今の時代にマッチしたサウンドですよね。今回、歌うにあたって大変だったところはありましたか。

 初めて全部英詞の曲にチャレンジした事です。英語の発音は国によって変わってくると思うんですけど、どうしたらカッコ良い発音になるのか、というところをすごく考えました。実際に歌ってみて、発音について、「こうしてみたら」とアドバイスを頂いたりしながら、レコーディングしました。

――その甲斐もあって、ネイティブの方が歌っているのと変わらない歌になってますよね。

 ありがとうございます。久しぶりに音楽の活動を始めて、こういう風に歌っていきたいというのが強くなって来ました。この3年の間にもトレンドも変わってきているので、それにそった音楽を歌いたいと思いました。

――歌詞の内容も含めて、シンガーとしてのアティチュードを感じさせてくれました。MVではドローンを使用して、壮大な景色も楽しめますね。

 そうなんです。これはスケールの大きさを感じてもらいたいと思って、私からのリクエストでした。自然の美しさも堪能してもらいたいと思って、ドローンは外せなかったんです。

――海に入っているシーンもありましたけど、泳がなかったんですね。

 泳いでみたのですが、可愛く泳げなかったので、そのシーンはカットしました(笑)。

――泳げないわけではないと(笑)。

 上手くはないですけど、普通に泳げます(笑)。

――撮影の時、ハプニングはありました?

 実は、今回の映像は100%満足しているわけではないんです。撮影の日程を何日か取ってあったんですけど、台風が来てしまって撮れなかったシーンもあったんです。本当はもっと色んな景色を見せてあげられる予定だったので、そこは心残りなんです。

――この時期は台風が多いですから。オフでは美味しいものも食べられましたか。

 はい! 海ブドウも美味しかったですし、特にジーマーミ豆腐はお気に入りになりました。あと、ソーキそばも、いつも食べているラーメンとまた違って新鮮でした。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。