EXILE AKIRA

 アメリカを代表するファッションブランド「ラルフローレン」のアンバサダーを務めるEXILE AKIRAが、同ブランドのグローバルモデルに起用された。アジア人が同ブランドのグローバルモデルに抜擢されたのは創設50年以上の歴史の中で初の快挙となり、ラルフローレンのメインモデルとして世界進出する。

Mr.LaurenとEXILE AKIRA

 今回、AKIRAがグローバルモデルとして起用されたのは、最上級メンズライン「ラルフローレン パープルレーベル」の2019年秋冬コレクション。AKIRAを起用した同コレクションの広告ビジュアルをブランド創設者のラルフ・ローレン氏が絶賛し、直々にグローバル広告及び、グローバルアンバサダーに指名した。これまで世界を代表するブランドではディオールのジョニー・デップや、サンローランのキアヌ・リーブス、ダンヒルのジュード・ロウなど、世界的に活躍する俳優がグローバルモデルとして活躍してきたが、ラルフ氏は「AKIRAは世界のトップスターと肩を並べる存在感がある」と評価し、世界が最も注目する秋冬コレクションでの抜擢に至った。

EXILE AKIRA

 2017年にアジア人として初めて同ブランドのアンバサダーに就任したAKIRA。昨年9月には、米・ニューヨークで行われた創設50周年記念イベントではランウェイに登場するなど、アジア⼈を代表して数々の可能性を切り開いてきた。世界のファッション業界としても、これまで「オールアメリカン」な上流階級のライフスタイル、スポーツやレジャーをブランドのモットーに掲げ、そのマーケティングやモデルは「完璧」と「憧れ」を体現してきたラルフローレンだけに、アジア人であるAKIRAの抜擢は重要かつ、歴史的な瞬間となった。

EXILE AKIRA

 既に、米・ハリウッド有数のセレブホテルであるシャトー・マーモント前のビルボードにはAKIRAを起用した広告が登場しており、今後もアメリカをはじめ、ヨーロッパやアジア各国のビルボードや雑誌など、世界各地で展開されていく。業界最注目の秋冬コレクションで歴史的な偉業を遂げたことにより、更なる今後の展開が期待される。

billboard

記事タグ