THE YELLOW MONKEYが10月30日に、結成30周年を記念した配信限定シングル「DANDAN」(読み:ダンダン)をリリースした。

「DANDAN」ジャケ写

新曲「DANDAN」は、これぞイエローモンキー流“ロックンロール”とも言える、軽やかでドライブ感溢れるサウンドに仕上がっており、「どんな夢も叶えるバンドができたよ」など、メンバーについて歌っているとも想像できる歌詞が30周年を彷彿とさせる内容となっている。

今回のMVは、今もなお、新しい音楽、そして新しいパフォーマンスを提供し続けるイエローモンキーが追求する「今のカッコよさ」を映像の美しさとともに表現するというコンセプトがあった。“新しい音楽を作り続けている場所”としてまずはレコーディング・スタジオに見立てたセットを作り込み、そこでパフォーマンスがスタートする。そのスタジオが開くと、次には大きなステージの世界へ。「スタジオ」で作った音楽を届ける「ステージ」を表現した次なるセットには「JAM」、「パール」、「バラ色の日々」などイエローモンキーが今までリリースしてきた代表曲の歌詞やモチーフが散りばめられている。

ギターの菊地英昭(エマ)の足元には「パール」のMVに登場する“目”、ドラムの菊地英二(アニー)の後ろには「球根」、ベースの廣瀬洋一(ヒーセ)の後ろには、「バラ色の日々」をモチーフにした壁紙が登場。背面の大きく色彩豊かなアートは「JAM」の「この世界に真っ赤なJAMを塗って」という歌詞から、監督が自ら本物のジャムを塗ってデザイン画を制作した。

今回のミュージック・ビデオの監督は、数々の作品を手掛ける映像作家・山田健人(やまだけんと)氏。山田氏は2017年の東京ドームのオープニング映像から、3月に日本武道館で開催されたアルバム『9999』の世界最速先行試聴会、今年のアリーナツアーでもライブ映像を担当。そして、12月28日から開催されるイエローモンキー史上最大級のドームツアーのライブ映像も担当する。再集結以降のイエローモンキーを支えているクリエイターの1人である。

映像作家・山田健人 コメント

 30周年のお祝いに、変わらぬかっこよさをファンの皆さまにお届けできたらなと思います。

記事タグ